期待の3WAY HP Elite x2 1012 G1の価格

HP Elite x2 1012 G1、格好いいですね、いいですね、欲しいですね。まだ、価格が公開されていません。

http://h50146.www5.hp.com/product/business/pc/tablet/x21012g1_sp/index.html

 

しかし!ググっていたら、価格表が出てきました。10時間ほどもつタフなモバイルギアです。
ただCore i7がなく、ちょっとパフォーマンス不足になるんじゃ?という不安はあったりします。Core i5のSurface Pro 3は、私の処理では不満でしたので。
http://h50146.www5.hp.com/lib/jp/ja/products/portables/specs/1012g1_bto.pdf
http://h50146.www5.hp.com/doc/hpi/catalog/general/psb_1601/05note.pdf

V2D59PA#ABJ
「HP Elite x2 1012 G1」の主なスペック
製品名 M3-6Y30 128GB
Windows 10 Home搭載モデル
M3-6Y30 128GB
Windows 10 Pro搭載モデル
M5-6Y54 128GB
Windows 10 Pro搭載モデル
価格(税別) 9万9800円 13万9800円 14万9800円
CPU Intel Core m3-6Y30(900MHz) Intel Core m5-6Y54(1.1GHz)
メインメモリー(最大) 4GB(4GB) LPDDR3
ディスプレー(最大解像度) 12型ワイド(1920×1280ドット)、IPS、10点タッチ、LEDバックライト
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 515(CPU内蔵)
ストレージ 128GB M2 2280 SSD(SATA III)
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、
WiGig(IEEE802.11ad)、アンテナ数 送信2、受信2
インターフェース USB 3.0端子(フルサイズ)、
USB Type-C 3.1(Thunderbolt 3対応)端子、Bluetooth 4.2
カードスロット microSD/SDHC/SDXC対応カードスロット、
microSIMカードスロット(Wi-Fiモデルでは機能しない)
カメラ リア:5メガピクセル(LEDフラッシュ)、イン:2メガピクセル
センサー 指紋認証
セキュリティチップ TPM 1.2/2.0準拠
サウンド機能 Bang & Olufsenステレオスピーカー、
ステレオマイク(ノイズキャンセル機能搭載)、
ヘッドホン・マイク兼用端子
本体サイズ 本体:約幅300×奥行き213.5×高さ8.05mm、
キーボード(オプション)装着時:約幅300×奥行き213.5×高さ13.45mm
重量 本体:約820g、キーボード(オプション):約385g。
キーボード装着時:約1,205g
バッテリー駆動時間 本体:約10時間
OS Windows 10 Home(64bit) Windows 10 Pro(64bit)

 

キックスタンドやキーボードカバー、2048段階の筆圧検知ワコム製ペン、LTEを備える“2in1”タブレット――「HP Elite x2 1012 G1」(ITmedia)

やはり興味があるのは、2048段階の筆圧を検知するワコムのアクティブ静電結合方式(AES)を採用した「HP Active Pen」が付属されていることだ。

このワコムペンは、東芝とかで採用されているものとされ、「書き心地は非常に良好」だという。

東芝のTruNoteは本当に紙のノートを超えたか(ASCII)

 

まずは、会社で検証導入できたとしたら、導入し検証していきたい。ペーパーレス導入への第一歩として、見据えられるとありがたい。

 

日本を意識し、力を注いだ820グラム – 12型タブ「HP Elite x2 1012 G1」(ASCII)

また、カバーとしても利用できるバックライト付きキーボード「HP Travel Keyboard」(オプション)を使うことで、ノートPCのようにも活用できる。

む?カバーは別売り?Surfaceちっく?