マスク、メガネ、でも、くもらないアイテム

メガネかけていると、どうしてもマスクをするとくもってしまう。
当然、曇り止めを塗るんだけど、電車内が激暑なので、水滴化して、せっかく曇り止めを塗って乾いたというのに、無駄になっていう繰り返しだ。
インフルエンザ流行に伴い、マウス身につけは、定着必須だ。

このような中、色々と組み合わせた結果、最高の組み合わせを見つけた。しかしながら、これも顔の大きさや相性等で様々だ。一案として参考頂きたい。

マスクは超立体シリーズが個人的に、顔にフィットし隙間を防いでくれる。しかしながら、針金が入っていないため、鼻元から、呼吸息でメガネがくもってしまう。
ここで、「フィッティPLUS 何度もくっつくノーズパッド」で、隙間を防いでくれる。

しかしながら、超立体マスクの場合は、残念ながらつきにくい。ただし、顔を締め付けるような感じでフィットしていくため、これが効果的なポイントになる。
くっつきにくい、だけであって、しばらく装着していればくっつくのでご安心を。

マスク

結構ぴったしとくっつく。

マスク

これが、結構何度でも利用できるため、比較的低価格なマスクでも、非常に満足感が得られるマスクに大変身!

曇って悩みの種の場合は、一度お試しあれ。

個人的に非常に満足した。

 

なお、一般的なマスクをした場合、個人的ではあるが、息が上から抜けてメガネが曇ってしまった。そのため、個人的には超立体とか系のマスクをお勧めしたい。