Bluetooth ヘッドフォン Bose QuietComfort35 (QC35) 開封の儀

Bose® QuietComfort® 35 wireless headphones(QC35) が届いていたので、恒例の開封の儀を行う。
なお、QC25はこちらを参考。

いいですねぇ、楽しみですねぇ〜。ノイズキャンセリング・ヘッドフォンですからねぇ。
なんたって、2時間ほどの充電で、ワイヤレスの場合は最大20時間、有線の場合は最大40時間の再生が可能なんですから。そして、bluetoothなら約10mまで届くので、置きっぱで動けそうだ。

QC35

ケースから引っ張り出しました。

QC35

QC25と同じケースっぽいです。

QC35

左側が新型QC35。右側がQC25。若干、QC35の方が厚みがあった。

QC35

今回はシルバーを購入。いいですねぇ〜。

QC35

端子はむき出し。海外製だからしょうがないか。
けれど、QC25と比較し、ヘッドフォンケーブルは比較的細い。
シルバーで一体感があり、さすが、Boseですねぇ。

QC35

右・左については、ヘッドフォン内部に従来通り記入されている。

QC35

左側がQC25。右側は新型QC35。そっくりといえば、そっくり。

QC35

上(黒)がQC25。下(銀)が新型QC35。

QC35

Bluetooth接続等は、iPhone/Androidアプリで接続できる。
今回はiPhone6との接続となる。
Bose Connectアプリを入手。

bose

Boseの画像を下までドラッグする。

bose

bluetooth機器を探します。

bose

すぐ見つかるねぇ。便利だ。

bose

アプリからは、操作説明

bose

Boseの公式URLはこちら

qc35

興味がありましたら、是非、下から買ってください。。

【楽天 ボーズ公式オンライン / 送料無料】Bose QuietComfort 35 ワイヤレスヘッドホン
価格:39960円(税込、送料無料)

 

さて、音質ですが、QC25と比較すると、重低音がすごかった。これでワイヤレス?と思えないほどの素敵さ。
耳への重さによる負担もなく、QC25よりも掛け心地がよかった。
また、気になる電話がかかってきた場合はどうか?というところ。

SONYの場合は、スマホ側に音が鳴り響くという問題があるようだ。あまり調査していなかったので、違う場合は申し訳ない。

BOSEの場合、iPhoneの音消しボタンを有効(マナーモード有効)にしている場合は、着信音が鳴らなかった。逆に、マナーモードオフ(無効)の場合には、iPhone側からも着信音が鳴った。
どちらにせよ、バイブは震えたが。また、どちらにせよ、QC35側にはコールが聞こえた。

音楽とか聞いている時に、携帯の着信があった際、ヘッドフォンからではなく、スマホから鳴り出したら、意味がないしね。こういったところが、よく考えて作られている。

BOSE史上、ヘッドフォンスピーカーにおいて、最高傑作といっていいのではないだろうか?

非常に面白いヘッドフォンだ。

 

一応、NFSによるペアリングもあるが、該当端末を持っていないので検証はできなかった。