Microsoftリモートデスクトップ(iPhoneアプリ)を利用してみる。

iPhoneアプリに、Microsoftリモートデスクトップアプリが公開されていたので、どこまで利用できるか検証してみた。
環境は、Mac Book Proに、VMware Fusionという仮想ソフトに、Windows10を保存している。

ネットワークアダプタは、NATではなく、ブリッジで接続している。

接続元は、iPhone6だ。

 

アプリを起動させ、「+」をタップ。

IMG_0501

デスクトップをタップ。

IMG_0502

作成できたアイコンをタップ。

IMG_0507

縦画面では利用できないようだ。
横画面に変更された。

IMG_0509

んん?画質がいまいち?

IMG_0512

問題ないですね。
でも、iPhone6だと、やや小さいですねぇ。今度の更新は、でかいiPhoneを購入しよう。
画面上でタップすれば、クリックとして操作できる。

IMG_0513

 

マイクロソフトがiPhone向けに提供された、リモートデスクトップアプリは、比較的完成度が良い気がする。