ブラウザのキャッシュを削除する

Office365を始めとしたWebアプリにおいて、正常に動作しない場合には、ブラウザのキャッシュを削除したりする等で、改善する場合があります。ここでは、IE / Edge / Chrome / Safari (MacOS)での操作方法となります。

特にパスワードを変更した場合に、ブラウザ側でパスワードが記憶され、照合失敗でログインできない等が多い事例です。

ブラウザのバージョンによっては、操作方法が異なる場合があります。

 

Internet Explorer 8〜11

  1. 右上の歯車(ツール)メニューから[インターネットオプション]をクリックします。続いて、[全般]タブ内の「閲覧の履歴」で[削除]ボタンを押します。

    ※メニューバーで処理したい場合でかつ、メニューバーが表示されていない場合はキーボードの[Alt]キーを押すと表示されます。
    こちらの方が、簡単かもしれませんが、メニューバーの[ツール]で行えば、すぐに[閲覧の履歴の削除]が表示されます。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.10.41

  2. [お気に入りWebサイトデータを保持する]のチェックを外します。
    [お気に入り Web サイト データを保持する] をチェックしたままだと、お気に入りに登録してある Web サイトのインターネット一時ファイルと Cookie のデータを保持されますので、削除から対象外となります。
    お気に入りに登録されているWebサイト自体が削除されることではありません。

    ※ログイン失敗が発生する場合には、[フォームデータ]や[パスワード]にチェック入れて削除して再発するかどうか、確認してみましょう。

    スクリーンショット 2016-08-12 22.19.34

  3. [インターネット一時ファイル][クッキーとWebサイトのデータ]にはチェックを入れたままにします。
    それ以外の項目はチェックを外してもかまいませんが、問題が解決しない場合は、ほかの項目も削除をお試しください。
  4. [削除]ボタンを押すと削除が始まります。
    削除が完了すると「選択された閲覧の履歴が削除されました。」と表示されます。右端にある「×」をクリックして閉じます。
    この削除は、削除するデータが多ければ多いほど時間がかかります。

    スクリーンショット 2016-08-12 22.21.30

コマンドで処理を行いたい場合には、次のコマンドを入力します。最後のプロセス番号が決め手で、「2」にすれば、クッキーの削除となる。キャッシュなら「8」となる。

RunDll32.exe InetCpl.cpl,ClearMyTracksByProcess 255

 

Edge

  1. 他の操作」(他の操作)をクリックして、表示された一覧から「設定」をクリックします。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.26.56

  2. 閲覧データのクリア」欄から「クリアするデータの選択」をクリックします。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.30.00

  3. 「閲覧データのクリア」が表示されます。
    「キャッシュされたデータとファイル」にチェックを入れて、「クリア」をクリックします。

    ※ログイン失敗が発生する場合には、[フォームデータ]や[パスワード]にチェック入れて削除して再発するかどうか、確認してみましょう。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.32.34

  4. 「閲覧データのクリア」欄に「すべてクリアされました」というメッセージが表示されたら、削除完了です。
    ※ メッセージは自動的に消えます。

Google Chrome Ver.52.x

  1. ブラウザーのウィンドウ上部にあるchrome menu(Chromeメニュー)ボタンをクリックし、表示されるメニューから[その他のツール]-[閲覧履歴の消去]をクリックします。

    chrome

  2. [閲覧履歴データを消去する]画面で、[Cookie〜][キャッシュされた画像とファイル][パスワード][自動入力〜]の4箇所にチェックを入れ、[閲覧履歴データを消去する]をクリックします。

    ※パスワードがブラウザに記憶され、そのために認証失敗も起こる場合もありますので、パスワード類も一旦消去頂くことをお勧めします。

    スクリーンショット 2016-08-12 22.42.50

Google Chromeの場合は、コマンドでの削除が用意されているわけではないので、該当フォルダを削除することになります。

DEL “%userprofile%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\Default\Cache\*” /F /Q

 

Safari 9.x

  1. [Safari]メニューから[キャッシュを空にする]をクリックしますが、バージョンによって存在しなくなったとも言われます。
    ※但し、開発メニューを表示している場合は、[開発]-[キャッシュを空にする]から、キャッシュをクリアすることができます。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.01.36

    ※[開発]メニューを表示する方法は、[Safari]-[環境設定]から、[詳細]メニューの下部、[メニューバーに”開発”メニューを表示]にチェックを入れると表示されます。

    スクリーンショット 2016-08-12 23.05.47

関連記事

translation

検索窓






投稿カレンダー

2017年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アクセス数

  • 114現在の記事:
  • 538855総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 215昨日の閲覧数:
  • 2128先週の閲覧数:
  • 5755月別閲覧数:
  • 343053総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 189昨日の訪問者数:
  • 1808先週の訪問者数:
  • 4895月別訪問者数:
  • 258一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:

アーカイブ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。