ヒノデ 6x21-S1(双眼鏡)開封の儀

双眼鏡をそろそろ必要性を感じ、調査の上、最終的にはヒノデ(日の出光学)の6×21-S1モデルの購入に至った。
「軽く」「眼鏡かけていても見やすい」「購入後後悔したくない」という3点でセレクトした。

候補には、ピクセンやペンタックス(リコー)を検討したけれど、軽量双眼鏡では、倍率には限界があって、6〜8倍が適切、倍率が高くなればなるほど暗くなるという店員の指摘もあった。

Yahoo知恵袋によると

 

「ピクセン アリーナM8×21」→「M10×25」では、あまり効果はありませんよ。

まず倍率による近寄り効果ですが、
ドームやスタジアムクラスの場合、遠い席=150mくらいです。
150mを8倍で見ると約19mにまで、10倍で見ると約15mにまで近づいたのと同じ大きさで見えます。(近寄り効果=距離÷倍率)
どうです?、19mと15mの違いしかないのですよ、大して変らないのですよね。

次に“鮮明さ”を比較してみます。
“鮮明さ”は倍率差の2乗で高倍率ほど不鮮明になり、口径差の2乗で大口径ほど鮮明になります。
よって、今回の買い増しによる“鮮明さ”の違いは、口径を「21→25mm」と上げたプラス効果を、倍率の「8倍→10倍」で下げてしまうので、プラス効果は相殺されてしまいます。

「もっと良く見る双眼鏡が欲しい」となった時、一般の人はついつい今よりも高い倍率を求めてしまいますが、しかし、双眼鏡にとって最も重要なのは、何より「鮮明に見える」ことであり、次に重要なことは「覗き易い」ことです。

倍率を変えないで“鮮明さ”を上げるには、口径を大きくするか、光学性能を上げるしかありません。
でも口径を大きくすると携帯性が悪くなります。また光学性能を上げるには大変コストが掛かり製品価格がはね上がります。
それほど“鮮明さ”を上げるということは大変なのに、、、倍率を上げてしまったらそれだけで大きく“鮮明さ”を下げてしまうのです。

ですから、「1モデルに8倍と10倍のラインナップ」に対して、「8倍」を選ぶ人の方が多いのです。

「アリーナM10×25」Vs.「タンクローR 8×21UCF R」では、タンクローの方が明らかに上ですが、「アリーナM8×25」Vs.なら、光学性能は1ランク下でも、他の要素も含めて総合評価では同等です。
ですが所詮は「1万円以下の製品の中では大変優秀」というだけで、双眼鏡全体の中ではどちらも高性能の部類には入りません。
つまり、似たような性能の製品をいくつも買うのは「勿体ない」ということです。

「アリーナM10×25」にしろ「アリーナM8×25」にしろ、低価格対では大変優秀な双眼鏡です。しばらくはこれを使ってみて、“より良い”願望が続くようでしたら、次なるステップアップは実売1.5~2万円の高性能クラスです。

 

ペンタックスはリコーに買収されたし、今後期待はどうなのかな?という問題視もあり、ペンタックスではなくリコーで比較した。

また、劇場やコンサートクラスであれば、6〜8倍で十分問題ないという記事も多くもあった。明るさ重視、軽さ重視から、ヒノデの中で選択。ヒノデは店頭販売されていなく、インターネット上の評価次第での検討となった。

そして、総合的に判断して、ヒノデ6×21-S1の購入に決まった。

メーカー ヒノデ ヒノデ ピクセン リコー
型番 6×21-S1 5×20-A4 アリーナM8-25 UP 8×25 WP
実勢価格 16,200円 12,800円 12,000円 12,000円
重量 192g 266g 290g 185g
実視界 8度 11度 6度 6.2度
アイレリーフ 14mm 16mm 16mm 15mm
明るさ 12.25 16 9.6 9.6

 

さて、開封の儀。

ケースのデザイン性は無し。大きさは、250mlミニボトルよりもコンパクトだ。

IMG_0581

ケースは付録されている。

IMG_0582

目をあてる部分は、保護キャップがついているが、メーカーサイトによると、価格を押させるため、純正ではなく、緩みがあるということだった。だが、結構、しっかりキャップされているので問題なし。

IMG_0583

レンズ部分は、こんな感じ。

IMG_0584

キャップを外した場合は、こんな感じ。
また、眼鏡をかけたまま双眼鏡をかけるための、フード?部分は、比較的柔らかかったのため、非常に使い勝手が良い。

IMG_0585

192gというけれど、本当かいな、ということで測定。201.gだった。
まぁ、軽い。

IMG_0586

双眼鏡むき出しで持ち歩くのではないので、ケースに入れて測定。228gだった。軽いねぇ。

IMG_0587

 

今週末利用するので、追記して報告していきたい。