vi よく利用するコマンド備忘録

Linux (CentOS) で、ファイル編集する際、vi /ディレクトリ/ファイル名 という形でファイル編集を行う。
(※見るだけなら、catコマンドを利用する)
ここでは、viコマンドの操作で、よく利用するコマンドを備忘録として記録する。

操作内容 コマンド 説明
開く vi /ディレクトリ/ファイル名 対象ファイルを開く
vi -r /ディレクトリ/ファイル名 壊れたファイルを修復して開く
     
挿入 i カーソルの左側から入力開始
行頭から入力開始 
a カーソルの右側から入力開始
行末から入力開始
o 現在行の次に挿入
O 現在行の前に挿入
      
終了 :wq 保存して終了
:w 保存だけ
:q! 保存せず強制終了
:q 保存せず終了
ZZ 保存は行いviを終了
     
カーソル移動 0 行頭へ
$ 行末へ
[Ctrl] + f 次画面へ
[Ctrl] + b 前画面へ
1G 文頭へ
G 文末へ
nnG n行へ
h ←、左に移動
l →、右に移動
k ↑、上に移動
j ↓、下に移動
     
変更     x カーソル上の1文字削除(delete)
カーソル左1文字を削除(BackSpace)
D カーソル以降を削除
dd  1行切り取り(cut)
yy  1行バッファにコピー
p 貼り付け(paste)
:s 変更前 変更後 置換 (例):s /old /new
     
検索    /検索キー 前方検索
?検索キー 後方検索
n 順方向(次)を検索
N 逆方法(前)を検索
     
取り消し . 直前操作の繰り返し
u 直前操作の取り消し
U 直前の行操作の取り消し
[Ctrl] + R 取り消しの取り消し
     
行番号表示 C-g  
ヘルプ :h