VHDファイル(Windows Server評価版)をVMwareに取り込む

MicrosoftのTechNet Evaluation Centerは非常に便利だ。
色々なソフトの評価を行うことができる。
検証目的だし、誰かにサービスを提供するわけでもないし、誰かに引き継ぐわけでもないので、日本語でなくても、どうでも良い。

今回は、Windows Server 2012 R2の機能の一部を確認したく、評価版を入手した。
その際、「VHD」形式での配布もあることが分かった。

VHDとは、Virtual ServerやVirtual PC、Hyper-Vなどの仮想化ソフトウェアがサポートする仮想ディスク「VHD(Virtual Hard Disk)ファイル」だ。

スクリーンショット 2016-08-15 20.38.30

私が利用しているのは、VMware Fusionなので、VMwareでのセットアップの紹介となる。
VHDファイルということで、既に仮想マシンであるため、インポートを実施する。

スクリーンショット 2016-08-15 22.06.35

ファイルを選択ボタンから、ダウンロードしたVHDファイルを選択。

スクリーンショット 2016-08-15 22.08.38

名前はテストなので、デフォルトのまま。

スクリーンショット 2016-08-15 22.08.54

インポート中。私の環境だと、こういった仮想マシンは、何故かしら高速で、1〜2分でインポートが完了した。

スクリーンショット 2016-08-15 22.09.08

完了!isoファイルと比較して、楽だねぇ。終了をクリック。

スクリーンショット 2016-08-15 22.10.05

電源OFF状態のため、起動する。USか。

スクリーンショット 2016-08-15 22.11.25

一応、日本とか選択できたが、果たして…

スクリーンショット 2016-08-15 22.12.16

同意情報

スクリーンショット 2016-08-15 22.12.29

記号を入れないと、パスワードが通過しなかった。

スクリーンショット 2016-08-15 22.12.40

あっという間にここに到着。さすが、仮想マシンファイル!

スクリーンショット 2016-08-15 22.13.42

ログイン。

スクリーンショット 2016-08-15 22.14.06

うわっ!でかっ!VMware Toolsをインストールしても変わらなかった。

スクリーンショット 2016-08-15 22.29.23

ひょっとしたら、ディスプレイサイズ?—-これが原因だった。

スクリーンショット 2016-08-15 22.33.10

関連記事

translation

検索窓






投稿カレンダー

2017年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アクセス数

  • 100現在の記事:
  • 538855総閲覧数:
  • 4今日の閲覧数:
  • 215昨日の閲覧数:
  • 2128先週の閲覧数:
  • 5755月別閲覧数:
  • 343053総訪問者数:
  • 4今日の訪問者数:
  • 189昨日の訪問者数:
  • 1808先週の訪問者数:
  • 4895月別訪問者数:
  • 258一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:

アーカイブ

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。