Synology NAS (DISKSTATION) DS216j開封の儀

過去にBuffaloのLinkStation、TeraStation、IOデータのLANDISK等を利用し、突然の逝去でネットワークディスク(NAS)は家内に置けない、クラウド(Box.net)にしよう、という方向転換をした私ですが。費用の面(最低3ユーザーから、1ユーザ:1800円/月額)と、証明書等によるOffice365連携に作業煩雑等の理由により、また物理メディアに頼ることにしました。そちらの方が、結果的に安いしね。通信断線するJ:com回線からフレッツ光に変更し、通信断線は解消したけれども、やはり家LANの方が高速だしねぇ。

悪いけど、BuffaloやIOデータは個人的に相性が悪いようなので、別製品を考えた。例えば、定評のあるQNAP、ここ最近人気上昇中のSynologyの2選択から、結果的にはSynologyを選定した。最終的にはデザインで判断したと言って過言ない。設置場所は、テレビ台の空いているスペースのため、NASですよ、というわかりにくいかつ、インテリア的なものが、たまたまSynology DS216jだった。価格.comの口コミ等も影響はあったが。

SynologyもQNAPも同じようなシステムですね。

Synology DS216j QNAP TS228
¥20,335円前後
CPU Marvell Armada 385 88F6820
(32bit)
1 GHz Dual-core
System
Memory
1 GB DDR3
対応HDD 3.5 /2.5″ SATA III / SATA II HDD
LAN 1 x Gigabit RJ-45 Ethernet Port
価格.com 口コミ多数
¥18,892円前後
CPU ARM® v7 1.1 GHz
Dual-core
System
Memory
1 GB DDR3 RAM
Flash
Memory
4 GB
対応HDD 2 x 3.5″ SATA 6Gb/s 
3Gb/s HDDs
LAN 1 x Gigabit RJ-45
Ethernet port
価格.com 口コミなし
synology QNAP

HDDは、定評のあるWD(Western Digital)赤ラベルを採用。2TBあれば十分だったんですけど、3TBで構成した。
今さらですが、色々なラベルがあるんですね。赤ラベルは、まさにNAS専用に作られていたらしい。
(参考)【WD】Blue, Green, Black, Red, Purple, Goldの違いと選び方(公安日課)

synology

こんな感じのラベルです。家だから、基本的に24時間365日付けっ放し。会社みたいにメンテもしないだろうし。

WD

開封の儀!

Synology

艶のあるホワイト。インテリアですねぇ(謎)

img_0492

ファンもでかいですね。頼もしい。

Sylonogy

PCのFANっぽい。写真では、ディスクを積んだ状況ですが。

Synology

ディスクはスライドしてハメた上で、両サイドにネジで固定する。
2.5インチの場合は、別途3.5インチにマウントさせるキット装着した上でつけるようだ。

Synology

全体的に、艶ありのホワイト。デザイン性がGood Job !ですね。

Synology

次のブログでは、セットアップについてレビューしていきましょう。


▲ 連載目次に戻る