Synology DS216j (NAS) 初期設定

ディスクを装着したDS216jですが、非常に簡単だった。

今回は、ファイルサーバ(NAS)を利用するための初回セットアップ(初期設定)についてレビューしましょう。

synology

LANに接続したSynology DISKSTATION DS216jを探すため、「 http://find.synology.com/ 」もしくは「 http://diskstation:5000/ 」にアクセスする。すると、探しにいってくる。

楽ですねぇ。ソフトを入れて検索する、っていうのが無い。どこかのメーカーとは違う便利さ。

synology

簡単に見つかります。接続をクリック。

synology

設定をクリック

synology

DSM(DiskStation Manager)をインストールします。DS216j本体にインストールする作業です。

synology

初期設定なので、当然の確認メッセージです。日本語っていうのがありがたいですねぇ。

synology

すっきりとしたデザインでインストールが開始されます。

synology

流れで再起動してくれます。

synology

DS216jにログインするための管理者アカウントを作成します。
後に、外出先からもアクセスできるような設定もあるので、複雑なもので設定しました。

synology

完了しました。次へ、をクリックします。

synology

DSM(DiskStation Manager)は定期的にアップデートしているようです。
寝ている時にアップデートしてもらえるので、有難いですねぇ。

synology

QuickConnectの設定です。
具体的には、次の写真2枚をみてください。

Synology

→ Synologyアカウントについて

synology

→ Quick Connect について

synology

こんな感じにURLが発行されます。

synology

推奨パッケージのようなので、インストールしておきましょう。

synology

インストール完了しました。

synology

完了!移動をクリック。

synology

サーバーにアクセスした感じの画面。なんだか、SEになった気分だ。(謎)

synology

コンパネ画面はこのような感じ。一種のパソコン(サーバー)のようだ。

synology

セキュリティもこんな感じ。法人向けも用意されているようだが、家では、そこまで管理したく無い。

synology

セキュリティは良好だ。

synology

サーバーソフトも多数用意されている。
まぁ、メモリが512MBしかないので、それほど入れられないが、法人向けに購入して、SMTPサーバー用途して購入するのも面白いかもしれない。

synology

機能がありすぎて(大人のおもちゃ)、伝えきれない。コンパネ(コントロールパネル)内の説明は、次のブログに回します。

いや〜、実に面白いNASだ。


▲ 連載目次に戻る