Synology DS216j に SSHから接続する

SSH(Secure Shell)とは、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルで、パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化されるというメリットがある。

Synology DISKSTAIONでは、SSH/Telnetに対応している。

コントロールパネルから「端末とSNMP」をクリック。SSHにチェックを入れて適用する。ただ、これだけ。ん〜実に簡単。

セキュリティを考えるのであれば、ポートは標準の22ではなく、適当な番号に変えた方がいいかもしれない。

synology

SSH利用には、当然、DISKSTATIONへのフル権限の所有が必要。

WindowsではTeraTermを利用したりするが、Macなら標準のターミナルで利用が可能だ。

Macなら「ter」というキーワードを入れれば、terminalは起動する。

synology

ssh ユーザー名@IPアドレス でログインコマンドを送る。
なお、SSHポート番号を22以外のものにしていれば、ssh ユーザー名@IPアドレス -p ポート番号 というコマンドになる。
パスワードが求められるため、管理者権限(Administratorグループに属するユーザ)のパスワードを入力。
rootに切り替えたいのであれば、sudo su - で、ルート権限に変更ができる。

synology

 

 


▲ 連載目次に戻る

関連記事

  1. Synology DS916+でActive Directoryに参加…

  2. Synology DS216j (NAS) 初期設定

  3. Synology DS216j (NAS) に DDNSを設定する。

  4. オンラインストレージ「box」の同期ソフトを利用してみる

  5. オンラインストレージ「box」をWebDAVに接続してみる

  6. Synology DS216j (NAS) ファイル転送力はどうなのか…

Translate:

各種検索





最近の記事

カテゴリー

アクセス数

  • 389現在の記事:
  • 567194総閲覧数:
  • 36今日の閲覧数:
  • 287昨日の閲覧数:
  • 2048先週の閲覧数:
  • 8814月別閲覧数:
  • 367420総訪問者数:
  • 27今日の訪問者数:
  • 262昨日の訪問者数:
  • 1825先週の訪問者数:
  • 7467月別訪問者数:
  • 257一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。