マイクロソフト、月例パッチの「セキュリティ情報」提供終了していた。

マイクロソフトは2017年3月をもって、月例パッチのセキュリティ情報の提供が終了していた。4月以降は、セキュリティ更新プログラムガイドとして提供開始されていた。既にゼロディ攻撃が確認されているため、Windows updateは必須だろう。

(参考)セキュリティ更新プログラムガイド(Microsoft)

更新プログラムガイドの検索もいまひとつ。CVE番号で検索できるのは便利かもしれないが、キーワードを手抜きすると検索されない。

半角スペースをあけてもor検索をしてくれない模様。

そのため、まとめサイトを参考に確認していかないといけなくなった。
(参考)
Officeのゼロデイ脆弱性も修正 ~Microsoft、2017年4月のセキュリティ更新を公開(impress、2017.04.12)
【アップデートの日】Microsoft 2017年4月度更新プログラム(セキュリティ対策推進協議会、2017.04.12)
日本のセキュリティチーム

等、複数サイトで確認しなくてはいけなくなってしまった。

関連記事

  1. ウェブサイトが安全かどうかチェックできるトレンドマイクロのサービス

  2. セキュリティソフト Kaspersky for Macは如何のものか?…

  3. Microsoft 7月の定例アップデート〜ウイルス対策ソフトを入れて…

  4. IEAK(Internet Explorer 管理者キット)を利用して…

  5. 〔悲報〕SlySoft社、法的規制により全製品販売停止!

  6. Macにだって、偽ウイルス警告はある。

Translate:

各種検索





最近の記事

カテゴリー

アクセス数

  • 14現在の記事:
  • 567173総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 287昨日の閲覧数:
  • 2027先週の閲覧数:
  • 8793月別閲覧数:
  • 367405総訪問者数:
  • 12今日の訪問者数:
  • 262昨日の訪問者数:
  • 1810先週の訪問者数:
  • 7452月別訪問者数:
  • 257一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。