iSCSI経由でSynologyのハードディスクを他の機器に提供する

SAN(Storage Area Network)だのNAS(Network Attached Storage)だの、の件。

iSCSI(Internet Small Computer System Interface)無償化により、ますます便利となったこの機能。Synologyに搭載されているハードディスクの一部分を、ローカルディスク(LUN:logical unit number)としてマウント(組み込む)するための手順書となります。なお、このブログでは、ターゲット先はWindows Server 2012 R2となっています。

例えば、バックアップソフト CA Arcserver UDPとかを利用する際、ネットワークドライブ先にはバックアップができなかったりするため、iSCSIで仮想ディスクを搭載させるとかして、「だます」手口で対応させる、ということで、バックアップの冗長化としても非常に有効的だと思っています。

(1)Synologyの左上のメニューボタンから、ストレージマネージャを起動させます。

(2)iSCSI LUNから、「作成」をクリックします。

(3)自動作成画面です。iSCSI LUN作製ウィザードです。「作成」ではなく「作製」なんですよね。作品が出来上がるかとw

(4)LUN1は作成テストをしていたので、LUN-2で作成してみます。また、ディスクもたっぷりあったので、500GBで作ってみましょう。次へをクリックします。

(5)セキュリティを高めるには、CHAPを有効にします。ここでは、ターゲット先が明確になっており、1対1の関係なので、CHAPは無効のまま設定する例とします。

(6)こんな風に作成されます。

(7)こんな感じに作成されました。

(8)準備完了です。

(9)Windows Server側で受け手の準備を行いましょう。コントロールパネルから、iSCSIイニシエーターをクリックします。

(10)Synologyサーバが、192.168.24.127であることを仮定します。既に作成しているので、探索タブから、ポータルの探索をクリックしようとしても、既に見つかっているのだから、結果が表示されません。一応参考レベルで掲載しています。

(11)詳細設定から、細かく条件を入力することもできます。今回は、CHAP設定もしていないので、OKをクリックします。見つかっていない場合は、(10)の画面に移り、探索されることになります。

(12)ターゲットタブをクリックします。接続されていない場合は、非アクティブになっています。非アクティブディスクを選択し、「接続」をクリックします。

(13)OKをクリックします。正しければね。

(14)こんな感じで、接続されれば、接続完了と表示されます。

(15)サーバーマネージャから、ファイルサービスと記憶域サービスをクリック。ボリュームからディスクをクリックします。オフラインディスクが装着された、という意味合いですね。オンラインにさせ、ボリュームを作る、という流れとなります。

(16)ディスクをオンラインにします。

(17)ディスクは当然、排他的制御はありませんので、一応こういったメッセージが出ます。

 

(18)ハードディスクをサーバーに取り付けただけ、という意味合いになるので、ボリューム(ドライブ)を作ります。白いところを右クリックし、ボリュームの新規作成をクリックします。

(19)今作ったばかりですので、データは入っていませんので、OKをクリックして初期化します。

(20)先ほど、500GBのLUNを作成したわけなので、最大500GBを作成できます。複数のボリューム(DドライブとかEドライブとか)を作りたければ、300GBとかのサイズにすると良いでしょう。

(21)ドライブ文字は後で修正できます。あんまり使われない文字が良いですね。若い番号だと、USBメモリとかを色々繋げていると、利用される場合があるので。

(22)ボリュームラベルも後で修正ができます。

(23)フォーマットも行われます。

(24)ボリューム(ドライブ)が作成されました。

 

Synology(だけじゃないですが)を使うことで、こんなにディスクを追加でき、非常に便利です。

 

参考
Windows サーバーで iSCSI Target を使用する(Synologyナレッジ)
Mac コンピュータで iSCSI Target を使用する(Synologyナレッジ)