新クラウドサービス Microsoft 365 登場!

Office365、Microsoft EMS、Windows10が統合された新クラウドサービス、「Microsoft 365」が登場!300人以上向けのEnterprise版は2017年8月1日に販売、300人以下向けのBusinessは今秋発売予定となっている。マイクロソフト史上最高のインテリジェントソリューションとなっている。

Office 365、Windows 10 Enterprise、Enterprise Mobility + Security を統合し、誰もが安全な環境で創造性を発揮しながらチームワークを高め、あらゆる人々が活躍する働き方を実現できるサービスがリリースされた。

ここでは、1人以上で購入できるMicrosoft 365 Enterprise版について注目してみる。

(参考)Microsoft 365とは(マイクロソフト)

種類 Microsoft 365 E5 Microsoft 365 E3
Office365 Office365 E5
・Office 365 E3
・Skype for Business Online Cloud PBX
・Microsoft Power BI Pro
・その他のサービス
Office365 E3
RMS Enterprise Mobility + Security E5
・Enterprise Mobility + Security E3
・Microsoft Cloud App Security
・Azure Active Directory Premium P2
・Azure Information Protection P2
Enterprise Mobility + Security E3
Windows10 Windows 10 Enterprise E5
・Windows 10 Enterprise E3
・Windows Defender Advanced Threat Protection
Windows 10 Enterprise E3

次に、Office365での比較を簡単に注目してみよう。

種類 Office365 E5 Office365 E3 Office365 E1
Officeアプリケーション ×
Power BI Pro × ×
OneDrive容量 無制限 無制限 1TB
Skype for Business Plan2 Plan2 Plan2
Exchange Online Plan2 Plan2 Plan1
SharePoint Online Plan2 Plan2 Plan1
Advanced Threat Protection × ×

 

Office365 Pro Plusが入っている、E3・E5によって、Microsoft 365にもE3・E5が分かれるという。Office365 E3・E5の大きな違いは、Cloud PBX有無しのほかに、PowerBIの無償版(E3)か有償版(E5)か、メール(Exchange online)のセキュリティ機能(リンク先や添付ファイルをサンドボックスで精査するAdvanced Threat Protection)があるかないか、機能を単価で積み重ねていけば、全然E5の方が安価でかつ高セキュリティという点に違いがある。

Office365以外は同じ機能となる。Windows10 Enterpriseが利用できる。ProとEnterpriseとの違いは、Enterpriseを利用するには、Proのライセンスが必要であり、Proをアップグレードを経てEnterpriseとなる。したがって、Proに無い機能が利用できる。例えば、グループポリシー(GPO)によるスタート画面の制御やAppLocer、Windows To Goなどが追加されており、Windows10 Proを企業向けに機能補強したものとなる。

また、Microsoft EMS(Enterprise Mobility + Security)も搭載される。EMSで多層防御によるセキュリティ対策となり、これ以上、セキュリティ対策は何をすればいいのかという、最高の対策が得られる。

これらはクラウドで提供されるため、システムのリプレイスや、システムの運用管理が不要となるため、長く利用すればするほど、費用効果が得られるかもしれない。

 

Microsoft 365については、さらなる情報収集できたら投稿していきたい。