Office365のレポート機能にPowerBIがサンプルで提供された模様

Office365管理者に待望の機能が追加された。これまでは、どんなフィルタでされているか、非公開的なレポート機能が提供されていたが、Power BI Proのライセンスが必要だが、Power BI上で、分析ができるようなプレビュー版が公開された。

会社のOffice365でみようとしたら、私のアカウントはE3なので見れなかったので、やむなく、私物のOffice365をE3からE5にあげて確認してみた。私物はIP電話はしないので、かなり費用面で痛いのだが、やむ得ない。

なんか、仕事ができている気がする(笑)

私物のOffice365では、E1が3ユーザ、E3が1ユーザの4ユーザ構成。
データが少ないのでつまらないでしょうが。。。

例えば、この仕様比率の円グラフ。

これをクリックすると、ドリルダウンしてくれる。

このフィルター情報は、任意で変更が可能だ。

実際、Power BIの使い方、どんな効果があるか、分からなかったのが事実。Office365の分析が、こうできますよ、という可視化してくれるため、ちょっと使い道が変わってきそうだ。

Power BIは10GB/1ユーザなので、やや上限しばりはあるものの、大元はテキストデータなため、問題ないのかもしれない。

ちょっと楽しみだ。