Office365の許可/拒否リストを取得する。

「Office365で迷惑メールフォルダに移動されるんだけど」という連絡をよく受ける。その時、多くは許可/拒否画面にて、受信拒否リストに登録されているのを見落とされて入れうケースが高い。利用者を信用しないわけではないが、PowerShellで確認できる。

なお、オンプレミスのExchange Server 2013のみが対象ではあるものの、Office365(2017年度版)でも、問題なく出力できた。

(参考) スパム対策およびマルウェア対策関連コマンドレット(Microsoft)

■ 特定のユーザーの [信頼できる差出人と宛先のリスト] および [受信拒否リスト] の登録を確認する方法
<構文>
Get-MailboxJunkEmailConfiguration “特定ユーザーのメールアドレス” | Select Identity,TrustedSendersAndDomains,BlockedSendersAndDomains | Export-Csv -Encoding UTF8 -Path “ファイルパス\ファイル名.csv” -NoTypeInformation

<実行例>

※ 実行例では user1@contoso.com<mailto:user1@contoso.com> の [信頼できる差出人と宛先のリスト] および [受信拒否リスト] の登録を確認しております。

■ 全ユーザーの [受信拒否リスト] の登録設定を CSV ファイルに出力する方法

<構文>
Get-Mailbox -ResultSize Ulimited | Get-MailboxJunkEmailConfiguration | Select Identity,TrustedSendersAndDomains,BlockedSendersAndDomains | Export-Csv -Encoding UTF8 -Path “ファイルパスファイル名.csv” -NoTypeInformation

<実行例>

※ 上記例では Office 365 に登録されているユーザーの [受信拒否リスト] の設定を、[C:\temp] に [BlockedSendersAndDomains] という名前の CSV ファイルにて出力しております。