入間航空祭2017

2017年11月3日、雨のち曇りという天気予報ではあったが、見事な青空の下、航空自衛隊入間基地で恒例の航空祭2017(パンフ公式)が開催された。メインはブルーインパルス(13時頃〜)だけれども、9時から色々と催されている。ほぼ毎年見に行っているが、ぎりぎりにすれ違うショーや、迫力さに感動をもたらしてくれる。

入間航空祭は、航空自衛隊員の業務への旺盛な取り組みや装備品の展示のため、昭和37年11月18日第1回入間航空祭が開催されたのが始まり。来場者数は約3万人。その後、開催日は、晴れの特異日といわれている11月3日を中心に選んで行われている。(→航空自衛隊

ここ最近の入場者数は、2010年:28万人、2011年:17万人、2012年:22万人、2013年:32万人、2014年:29万人、2015年:20万人、2016年:13万人、そして、今年2017年:21万人。結構、奥側(端側)は混雑していないのだが、本部あたりの通路で、立ち止まる人が多く、トイレから戻る際、結構時間がかかる。

9時から開催なため、8時40分頃に到着した。既に4割程埋まっていた。来年は8時には稲荷山公園駅には着いていきたい。

帰りは稲荷山公園に向かって大混雑になる。
秋津駅への乗り換えを見込んだ場合は、稲荷山公園から直通で行くのは楽でいいのだが、どうしても電車に乗れるまで1時間ぐらいかかってしまう。狭山市駅から帰った場合では、所沢で乗り換えとなる。
稲荷山公園駅から所沢で、1/3ぐらい降りるので、ひょっとしたら穴場なのかもしれない(?)

来年2018年の11月3日は土曜日なので、また研究して、早く脱出できる場所を確保していきたい。

ブルーインパルス前の人の多さ

展示

(参考)
航空自衛隊入間基地