Time Machineを使用してMacからSynologyにバックアップする

久しぶりにSynology記事ですが、MacからSynologyにTime Machineを使用してバックアップする設定の方法です。
なお、ナレッジ:Time Machine を使用して、Mac から Synology NAS にバックアップを行う方法を参考にしています。

1)まず、Macから接続するためのユーザー作成作りからです。Synologyのコントロールパネルからユーザーをクリック。

2)ユーザー画面、作成から、ユーザーを作成します。

3)名前は接続するユーザーIDとなります。適当に作りますが、この資料では、macというIDにしました。

4)ユーザーの権限等を行います。今回は、Time Machine(タイムマシーン)のみの利用なので、デフォルトのユーザー権限で問題ありません。

5)新たなフォルダに対して行った方が無難なので、既に作成されているフォルダに対しては権限を付与しません。次へをクリックします。

6)ユーザーに割り当てる使用容量を割り当てた方が、それ以上、膨れ上がらないのでしておきましょう。私のMacは1TBのディスクがあり、800GBぐらいをMacに割り当てているので、800GBにしてみました。

7)今回のユーザーは、特別なアプリケーションを利用するわけでもないので、何もチェック入れずに、次へをクリックします。

8)個人で利用する場合は、別に速度制限は不要なので、特にカスタマイズは不要かと思います。

9)確認画面。これでユーザーを作成していきます。

10)ユーザーIDが作成されました。これは、後で、MacからTimeMachineで接続する際に利用するので、ID/Passは覚えておきましょう。

11)共有フォルダをクリックします。わかりやすい名前で作成してみました。セキュリティを高めたい場合は、暗号化等はありますが、個人で利用する場合は、特に必要ないでしょう。

12)今作成したフォルダ(MacTimeMachine)は、ユーザーID:macに対してのみアクセス権限を付与させるため、ID:macに対し、Read/Write(読込み/書込み)権限を不要します。

13)作成したフォルダに対して、どのように提供するかの設定を行います。ファイルサービスをクリックします。

14)macOSを最新にしていれば、SMBがデフォルトのプロトコル(手段)として採用されているため、Windowsと同じものが利用できるため便利ですね。SMBにチェックが入っていなければ、チェックをした上で、詳細をクリックします。
なお、SynologyはDiskStationですから、私は「DS」というマシン名(ホスト名)で設定しています。

15)SMBからのBonjour Time Machine ブロードキャストを有効にするにチェックを入れ、Time Machineフォルダの指定から、先ほど作成したフォルダ(ここでは、MacTimeMachine)を選択します。

16)ブロードキャストを有効にしたことで、同一ネットワーク(同一セグメント)であれば、勝手に見に行くことができるようになります。Mac側で、システム環境設定(左上のりんごマークからアクセスできます)を開き、Time Machineをクリックします。設定変更を行いますので、カギをクリックして解錠します。

17)バックアップを自動作成にチェックを追加することができるようになります。チェックを入れます。

18)該当のフォルダを探し、選択した上で、「ディスクを使用」をクリックします。セキュリティを高める場合は、バックアップを暗号化にチェックを入れます。

19)10で作成したsynologyで作成したユーザー情報を入れ、接続をクリックします。

20)つながりました!

これで、勝手にバックアップもしてくれるようになるため、便利ですね。

コメントを登録する