BIGLOBE Simからワイモバイルに乗り換えた。非常に快適になった。
東京都中央区〜千代田区あたりののお昼時間帯は一切繋がらない。8時〜18時ぐらいも繋がりにくい。そういう理由からでもある。

まず、広告を貼ってみる。
この広告から申し込むと、SIMをMNP契約(ソフトバンクからの番号移行除く)すると最大10,000円還元!!!という美味しい情報だ。
通常、5,000円還元キャンペーンなのだが、この広告をクリックし申し込むだけで、10,000円還元という嬉しい広告だ。是非!
更に嬉しいことに、広告報酬は、1契約当たり4,500円だ。このレンタルサーバーの2ヶ月分ぐらいの費用軽減ができる。是非、申し込んで頂きたい。

ちなみに、iPhoneだと、SIMサイズは「nano」となる。

Ymobileを選ぶ際、1つ条件がある。
平日は都内で活動している場合、昼間のドコモSIMは一切繋がりにくい。
しかし、一方で、土日の都内は、非常に繋がりやすい。
つまり、平日は都内で勤務だったり通学だったり、都内で活動していなきゃ、恩恵が得られないわけだ。

また、SIM容量を家族とかに割り当てる、音声データのシェアSIMが無いので、複数端末を持っている場合には逆に高くなる。(*データプランシェア
なお、2契約目から、500円が割り引かれるサービスもあるが、それ程のお得感が無い。

データパケットを使い切った場合、制限モード(128kbpsに制限される)と快適モード(自動的にパケットが有償で増量される)はあるものの、残ったパケットを翌月に繰り越すサービスは無い。

個人的には、OCN (ビックカメラ)→BIGLOBEと乗り換えてきた。
BIGLOBEは以前は繋がりやすかったが、最近では、都内では繋がりにくい状態。
特に、Google Mapは移動には必須アイテム。
ホント繋がりにくいため、ホント困る。
ただ、BIGLOBEには、エンタメフリーという(480円)プランを払えば、Apple Musicやラジコとかが聴き放題となるわけだが、通信混線している時間帯であれば、当然繋がらない。

Ymobileなら、データ増量キャンペーンでデータ増量オプション(500円)を契約することが条件ですが、増量となる。ただし、2年間は、この500円×24ヶ月が実質割引となるため、SIMパケットが増えるという錯覚がウリなんだろうな、と思う。
逆を返すと、25ヶ月目に入る際、このオプションを解約しなければ、500円がプラスでかかってしまうため、逆に高くなるので注意が必要だ。

ということで、2年縛りはある(2年縛りを利用した方が、パケットが多い)が、美味しいかもしれない。

 

ちなみに、ソフトバンクの通信障害は、エリクソン製パケット交換機での障害(証明書の期限切れ)で、ドコモやauのように複数社のメーカーの交換機で冗長をかけていれば、このような問題は起きなかった。これを機に、他メーカーで冗長されることを期待したい。

おすすめの記事