鮎川温泉  金井の湯 に行ってきた

正月休みの最初の週末、高速道路は渋滞しないだろうという想定のもとで、こんにゃくパーク(群馬県)に行ってきた。高速は予想通り渋滞せず、花園ICあたりも道路が広くなっており改善しつつあるなぁ〜と思いながら、2時間ちょっとで着いた。

こんにゃくパークは入場料無料で、こんにゃくも、お腹いっぱい食べられる。こんにゃく焼そばと、こんにゃく唐揚げ、抹茶プリンちょ〜うめぇ…と思いながら、それなりに頂いた。お昼頃に到着したので、やっぱり人多いですね。12〜13時は、外したいところです。ただ、駐車場も整備され、前回行ったときよりも、迷わず停められました。


富岡IC周辺で日帰り温泉となれば、ぎりぎり埼玉?の白寿の湯に行くケース多かったので、今回は鮎川温泉 金井の湯に行ってみた。温泉分析表は見当たらなかったですが、ここの記事を見るとpH6.67とのことです。駐車場は広く、床暖房で清潔感がありました。源泉内湯は狭く、さらっとした無色のナトリウム-塩化物強塩温泉。露天は、大自然を目の前にし、鮎川のせせらぎを聞きながら入浴を楽しめました。食事処では、マグロはまだ築地直送と書いていました。えび天丼を食べましたが、ぷりぷりの大きなエビが2尾のっており、食べこたえがあり、値段以上のものと考えられます。

次から次に車が入ってきたので、地元に好まれた入浴施設なんだろうなぁ〜と感じました。比較的に水温が高いため、長く入ることが難しいですが、非常に心地よい入浴施設だなぁ〜と感じました。循環湯だと思いますが、カルキ臭もなく、塩素臭も少なく、非常に楽しめます。東京からだと、走行距離は往復で230kmぐらい。

おすすめの記事