さきたま古墳に行ってきた

久しぶりに、さきたま古墳に行ってきました。
入場料無料で大型駐車場が完備された公園です。古墳群横に、大きな公園もあり、のんびりできます。
近くに、大衆演劇が楽しめる天然温泉である茂美の湯があったり、古代蓮物語があったり、ロケーション的には良い場所にあります。もちろん、古墳前には、美味しい武蔵野うどんである田舎っぺがあります。逆にいうと、田舎っぺ以外に、なにがあるかは知りません。

過去のさきたま古墳に関する記事はこちらを参考ください。
この日は快晴ということもあり、遠くまで眺めることができました。さきたま古墳に入ると、まず最初に登れる古墳として、丸墓山古墳があります。そこから、忍城を眺めることができました。

続いて、長らく工事(整備?)のため登ることができなかった、前方後円墳である稲荷山古墳

公園は整備されており、非常に気持ちがよい公園です。

二子山古墳には登れませんが、綺麗に整備されていました。
昔は、周りに水がはっていたのですが。

 

今回は、茂美の湯に浸かってきました。相変わらず塩素臭い温泉です。以前はかけ流しだったと思うのですが、現在では循環湯であり、一部の温泉が閉鎖されていたり、休憩場所の天井が外され、結果的に小さくなっており、ゆっくりできなくなっています。ph 7.7で無色透明の弱アルカリ性のナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉です。ただ、露天の水温が低く、長居できるのは評価したい。また、JAF割引で比較的安価になるため、これも評価したい。駐車場は、建物裏側に大型駐車場は完備されているものの、時間帯によっては、駐車できない場合があるようです。

おすすめの記事