深谷花園温泉 花湯の森 に行ってきた。

久しぶりに日帰り温泉・花湯の森に訪問。駐車場は大型駐車場完備160台といっても、隣接がゴルフのショートコースがあるので、そちらでも利用され、駐車場が満車になることが比較的高い状況。12時前には入りたいところ。
ここは、12歳以下お断りの異例な施設だけあって、非常に静かで、マナーも良い。結構、それを知らず、入館し受付けで追い出されるシーンをよく見かける。

温泉施設は、女性に対してかなり優遇されている。言い換えると、女性の方がおそらく多い?
地下2,000mの大深度から汲み上げたナトリウム-塩化物泉とアルカリ性の鉱水を加水加温されている。
室内の大浴場は循環湯っぽく、かなりヌメリがある。シャワーは、高濃度軟水シャワーのため、泡立ちがよく、身体に染み込むようなきめ細かい水であり、それは本当に感じるところがある。室内にはちょっと大きくなった?サウナが完備されている。テレビはついていないので、長居することは、あんまり無いのかもしれない。
露天は、炭酸ひのき風呂から、普通のひのき風呂に変わった。庭園露天になっているため、虫がやや浮いている岩の露天風呂。室内の大浴場と比べ、あっさりとした透明感のあるお湯。室内側の方が、お湯が綺麗でかつ、お湯のしっとりさが良いような気がする。奥側に、かけ流しという壺湯がある。こちらは、かけ流しということもあり、やや水の硬さを感じた。花湯の森は、やや熱い室内の大浴場が気持ちよく人気No.1のように感じられた。
入浴後は肌がツルツルとなり、保湿効果もあり、非常に泉質が良い。
温泉成分表はホームページは書かれていないが、色々なネット記事を見ていると、pH7.5。

その他、岩盤浴も無料で利用できる。1回あたり30分、床にはゲルマニウム鉱石を使用され、じんわり汗がにじみ出るといった具合で、代謝が良さそうだ。比較的に低温度なため、寝るには気持ち良いんだろう、時々イビキが聞こえてくる。

休憩施設は比較的広く、1日ゆったりと過ごせる場所となっている。

食事処は2箇所。里山料理 野の花と、麺屋さくら。
麺屋さくらでしか食べたことは無いが、ほうとうが非常に美味い。醤油味の深谷ネギほうとう、味噌味の山梨ほうとう。
あっさりとした出汁ですが、深谷ネギの旨さが凝縮され、ほんとうに美味しい。

ちなみに、過去に抹茶のかき氷を食べたことがある。
ふわっとしたかき氷なため、意外にも寒くなかった記憶がある。

 

深谷までいくのにも、さいたま市からだと、行きは2時間程度、帰りは3時間程度の、5時間コース。高速道路使えば速いんだろうけど。
そのため、色々と寄り道も重要。
地の野菜、JA農産物は、個人的にはかわもとによく寄る。はなぞのも良いが、かわもとの方が、確実に駐車場があり、すぐ停車できるからだ。
また、花湯の森から10分程度で、アウトレットのバームクーヘンも売っている花園フォレストもよく寄る場所。

花園フォレスト隣接の花園蕎麦は美味しい。これも今日は食べていないが、大根おろしかけ放題のだいこん蕎麦は、さっぱり感と大根の旨味がマッチして、ほんとうに美味しい。

また、かわもと周辺では、寿司と手打ちそば屋の館乃も捨てがたい。その中でも、川本総本店で食べたうどんが美味しかった。

 

おすすめの記事