SIMをY!Mobileに乗り換えたため、インターネット類もSoftbankに移行中

※この記事は、乗り換え完了まで、追記します※

so-net光電話をNTT東に連絡をし、アナログ回線に変更した。いわゆる「アナログ戻し」。この作業は『平日』だけなので、振替休日が残っていたためそれに当てた。so-net光からソフトバンク光に工事にあたって1つ問題が生じた。それが、アナログ戻しした「アナログ電話」だ。ソフトバンク光電話にしたい場合、BBフォン(いわゆる、050電話)を解約する必要があるのだ。このBBフォンは、大幅キャッシュバックのため一定期間契約が必要。

色々とソフトバンクストアで聞いていたところ、「光電話(N)」にすれば解消するようだ。これは、NTT東のひかり電話のOEMのようだ。


so-net(ソネット)の夜間は繋がりにくい、V6になってルータがこけるケースが増えたため、乗り換えに踏み切った。
また、スマホSIMをY!Mobileに切り替えたこともあり、Softbankへの移行を開始した。
so-netの退会手続きはこちらで行える。

問題は、固定電話の電話番号消失を防ぐこと。
電話回線について、so-net光コラボとかでインターネット・電話・テレビをコラボ契約してしまった関係上、例えば、so-netを解約すれば、電話も解約されてしまう。テレビは別にどうでもいい(数日止まったってね)が、電話が解約されてしまうと、これまで使い続けていた電話番号も失ってしまう。

Softbankチャットで確認したところ、アナログ戻しすれば大丈夫とのことだった。
アナログ戻し作業は、電柱から電話線の引込み保安器を設置し、設置した保安器から屋内配線をしてモジュラージャック(電話の差込口)を設置するところまでとなるという大掛かりな工事のようだ。そして、電話機を接続し、電話がきちんと開通できているかの確認まで行ってくれる。光コラボになってからは、この作業をしなくては、電話番号消失してしまうため、必須な作業になっている。なお、アナログ戻しにした場合は、電話の請求元はNTTになるようだ。この時点で、so-net退会へと進んでいく。

まず、NTT(NTT東日本/NTT西日本)に電話(116 or 0120-116-000)し、アナログ回線に戻したい旨を伝え、工事日を調整する必要があるようだ。この、工事は平日となる模様。工事日が決まれば、so-net退会手続きとなるのかな?
Ymobile SIM搭載のiPhoneから116に電話かけると、Y!Mobileにかかった。仕方がなく、0120-116-000にかけてNTTに通じた。116はそのSIMカードの電話局?に繋がるんですねぇ。

NTTに電話したところ、まず、so-netのV6プラスオプションを解約しなければいけないと連絡を受けた。そのため、so-netアプリで解約申請をし、すぐに受理された。ちなみに、V6(IPOE、IPv6)で通信が高速というウリだが、解除された今でも、非常に高速だ。なお、無線LANはSynology RT2600acを利用しているので、その理由はこちらの記事を参考ください。

で、もう1つ問題が。電話回線ライトプランにしなければ、固定電話を引き継げないとか。そのため、NTTに、ライトプランでヨロシク、と申し上げた。

なんだか、色々と面倒だ。

●So-netの退会お手続き前に、お客さまご自身で、移行先事業者へ番号移行をお手続きください。
このページから、インターネットでSo-net退会をお手続きください。
ご利用終了時期は、必ず『電話番号の継続手続きが完了するまで利用する』をご選択ください。
  • お客さまの電話番号消失を防ぐため、So-netの退会は他社への番号移行確認後となります。退会月までは、月額料金等が発生いたします
  • So-net退会お手続き日が契約更新期間内であれば、解約金は発生いたしません

●[So-net 光 電話番号を継続利用する場合]他社への番号移行が確認できた月の月末に退会となります
●[So-net 光 電話番号を継続利用希望の場合のみ]お客さまご自身で、移行先事業者へ番号移行をお手続きください

3月中旬にSoftbank光工事は決まっており、3月1日に退会手続きをすれば良いのかなぁ?

今までBIGLOBE SIM(Docomo)を利用してきた。
東京中央区や品川区とか、特に昼休み時間帯は、ぜんぜん繋がらなかった。OCN SIMとかだと、有楽町線乗車中は、平日8時以降は全然繋がらなかった。でもね、土日は全然繋がる。また、埼玉とか千葉とか神奈川とかなら、余裕で繋がる。つまり、人口密集地域に限った通信混線問題、なのかもしれない。

Y!Mobileに乗り換えたことで、平日日中時間帯でも首都圏はおかげさまで、余裕で通信は繋がるようになった。これによる費用メリットは?
高くはなったが、通信が繋がらないことが無くなった。日中昼間、首都圏でも絶対繋がるので、キャリアより全然良いのかもしれない(?)
タブホ相当機能の端末制約もなくなり、通話の制約もほぼ解消。

キャリア OCN BIGLOBE (例)Softbank
費用 3GB:¥1,800円
10分かけ放題:¥850計:2,650円
12GB:¥3,400円
エンタメフリー:¥480円
タブホ:¥400円
1分18円相当
計:4,280円
スマ放題ライト:¥1,700円
(5分以内かけ放題)
*かけ放題→ +¥1,000円
ウェブ使用料:¥300円
5GB:¥5,000円
*20GBなら¥6,000円
計:7,000円〜9,000円
Softbank光おうち割なら
Y!Mobile [S]2GB:¥1,980円
かけ放題:¥1,000
タブホ相当機能無料計:2,980円
[L]14GB:¥4,980円
2回線割引:-¥500円
10分以内かけ放題
タブホ相当機能無料
計:4,580円
5GB以上で -¥1,000円
3GBとかなら -¥500円

というわけで、わりと高くなってしまった料金。これを打破するため、インターネット周りを見直すことにした。

so-net光コラボ Softbank
インターネット 光コラボ:¥5,200円 Softbank光:¥5,200円
おうち割引:-¥1,500円
([S] -500円、[L] -1,000円)
※Wi-Fiマルチパック、
BBフォン(050電話)利用必須
回線工事 キャッシュバックで工事費用
実質無償
¥24,000円は、毎月1,000円の
キャッシュバックで0円に
電話 フレッツ電話A:¥1,500円 ホワイト光α:¥943円
テレビ フレッツテレビ:¥750円 ソフトバンク光テレビ:¥750
SIM ¥7,560円 ¥8,830円
Softbankおうち割:-¥1,500円
合計 ¥15,010円 ¥14,223円
(月額787円分削減)

それなりに安くなるようだ。

例えば、↑こういったフレッツ光引き込みのキャッシュバックを利用すれば、キャッシュバック(為替等)で、実質安価になる、という方法が採用できる。最近、この手のキャンペーンが少なくなり、割引制度がなくなってきたのも事実。

ソフトバンクの場合、さらに解約金全額負担(但し10万円まで)とあるので、損にはならない。
そのため、派遣工事を希望した退会手続きでも、損しないのかもしれない。

 

整理してみる。
4月から気持ち新たに、ソフトバンクを利用するには、まず、3月中に電話をアナログ戻しの予約を2月中にし、so-net解約を3月にし、3月中にソフトバンクを引き込む、という方法ですね。

なかなか、面倒ですなぁ。

おすすめの記事