iPhone 11 Pro Max

iPhone 7 Plus から iPhone 11 Pro Maxへの切り替えを行いました。
当時のiPhone 7 記事は、こちらを参考ください。
開封の儀を行おうと思っていたら、久しぶりだったので途中で放棄してしまい、ご容赦願いたい。

ケースはワクワクする感じ。

iPhone11

NFCが対応している。iPhone 7は対応していなかった。
これで、Androidだけの特徴だったNFCしばりが、iPhoneにも解放してくれることになり、iPhoneユーザーが広がっていくのかもしれません。

iPhone11

ケース蓋をあけてみたところ。オシャレです。
色はスペースグレー。飽きのこない色です。
ただ、Appleロゴが中央になった関係上、リング付きケースを使うと、林檎が見えなくなるという問題はあります。

iPhone11

今回使用したガラスフィルムですが、Amazonの↓これを利用した。まぁ、中国産なので書いていることは信用できませんが、保護目的であれば問題ありませんでした。そもそも、iPhone11販売前での画面フィルムを購入したわけですから、止むを得ないですね。なお、6Dガラスではなく3Dガラスです。ただ、気泡もはいりませんし、ガイド枠付きなので、綺麗に貼れます。値段相当の商品です。

ケースは、結構いろいろな店で取り扱われている、リング付きケースを購入。↓下記店舗で購入しましたが、結構在庫切れになっていました。これも中国産ですが、問題無いですね。林檎のロゴは見えなくなりますが。

 

切り替えにあたっては、Suicaの移行にやや手こずりました。特に、定期券のSuicaの場合、すぐにWalletに登録できず、24時間以内に登録できる、という表示になりました。

切替元のiPhoneのWalletからSuicaを削除するという、ドキドキパターンですが、全然問題ありませんでした。

詳細は、公式サイトに詳しく書かれているので参考ください。
フィーチャーフォン・Android端末からの機種変更や、Apple社製端末(iPhone/Apple Watch)間でSuica情報の引継ぎ方法(JR東日本)
→ iPhone内であれば、こちら。(覚書として下記に複写)

【旧端末にてSuicaを削除→サーバ退避】
  1. Walletを起動
  2. Walletに設定されたSuicaを選択
    ※複数枚ある場合は1枚ずつ選択・操作
  3. 右上のボタンをタップ
  4. [このカードを削除]をタップ
【新端末にてSuicaを再設定】
  1. 新端末がApple PayのSuicaを利用できる設定になっているか確認(重要)
  2. Walletを起動
  3. 右上の[+]ボタンをタップ
  4. Apple Payの案内画面で[続ける]をタップ
  5. カードの種類で[Suica]をタップ
  6. サーバ退避されたSuicaが表示されたら[次へ]をタップ
    ※複数枚ある場合は1枚ずつ選択しタップ

Suicaでもう1点注意すべき点は、システムメンテナンスのため、午前2時〜午前4時は利用できないところがある。つまり、この時間帯での操作は禁物。
Suicaで利用可能な場所と時間(JR東日本)
Suicaで利用不可能な時間(JR東日本)

あと手こずったのは、Office365の二段階認証。Microsoft Authenticatorでは、Office365の場合は、どうも1デバイスしか登録できないため、切替前のデバイスを削除した上で、再登録が必要。
再登録画面は、Office365追加のセキュリティ確認サイトで登録ができました。
iCloudによるバックアップとかによる移行ができることを後から知りました。3年後は、そうしましょう。
Microsoft Authenticator アプリを使用してアカウント資格情報をバックアップおよび復旧する(Microsoft)

二段階認証を利用しているAmazonについても、Microsoft Authenticatorで登録しているのですが、Amazonの場合は、複数デバイスが利用できました。Amazonのアカウントサービスから、アカウント › ログインとセキュリティ › 2 段階認証 (2SV) の設定という順番で作業ができます。

非常に楽しい新モデルです。

おすすめの記事