神戸

新神戸に立ち寄ったので、せっかくなので神戸周辺を散策してみた。
歩いて20分程度に見晴台があるようで、そこに向かった。たまたま駅から出たとたん、タクシーが待っていたので、そこに乗車。見晴台に行きたいと伝えたところ、どこの?と言われたので、ネットに転がっていた神戸ガイドマップに書かれている、港みはらし台(A6)を指差した。

見晴台

しかし、運転手は分からないと言われてしまったので、神戸一望できる見晴台に連れて行って欲しいという無理な要求を言い、つれていってもらった。そこがまた、山の上付近で、タクシーを5分程待たせて頂いた。

ビーナスブリッジから見た写真。今更ながら、良いところに連れて行ってもらった。見落としていた場所だった。

神戸

その後、お勧めな場所に連れて行ってもらった。途中、風見鶏の館を経由いただき、そこでも数分外観を眺めた。

風見鶏の館

タクシーの運転手がお勧めといっていた、イタリア館で下車した。すごい勾配がある坂だったので、2時間枠の散策時間では、甘い考えの計画だっただけに、タクシー様様だった。

イタリア館

写真撮り放題。

イタリア館

イタリア館

この後、2日間かけて用事があり、2日目の宿泊場所を有馬温泉を選んだ。
有馬温泉と言えば、日本三名泉の1つ。草津温泉、下呂温泉は、何回か行っているけれど、有馬は大阪を越えないといけないので、なかなか行けなかった。日本三大古湯の1つでもある。これだと、道後温泉、白浜温泉。これも個人的にクリアーした。

温泉街は良いねぇ〜。

有馬温泉駅

有馬温泉

有馬温泉

宿泊したところは、有馬御苑。時間が見えなかったので、素泊まりにした。駅前にコンビニがある。7時過ぎだと閉店ばかり。ただ、個人的にがっかりしたのは、わざわざコンビニで買う必要は無かった。有馬御苑の駐車場中?に、ラーメン屋があった。また、ホテルの7F横には、比較的安い食事処があった。おにぎり2つにお茶漬けセット?が500円だってよ。コスパ溢れるホテルだった。受付の人も感じがよく、気持ち良いおもてなしを頂いた。温泉はさすがだね。感動しました。駅前なので、機会があれば、また行きたいところ。

「日本三古泉」「日本三名泉」にも名を連ねる有馬温泉。
有馬御苑は、有馬温泉の中でも数少ない「金泉」「銀泉」2種類の温泉をお楽しみいただける宿です。
「ぬくもりの湯」「子宝の湯」とも呼ばれ、古くから多くの人々に愛されています。
有馬御苑はその金泉の濃さが自慢。手足を伸ばし、心ゆくまでお楽しみください。

翌日は散策時間2時間と限られた中、タクシーで六甲山ロープウェイ駅に向かった。時間の都合上、所要時間は40分程度。展望台で5〜10分程度見て、さっさと戻ってきた。ほんと、じっくり見れなかった。

六甲山

六甲山からの眺め。良い天気だ。

六甲山

六甲山

ロープウェイから見た眺め。紅葉になりつつある。

六甲山

せっかく神戸に行ったのに、神戸牛を食べなかったので、新幹線内で神戸牛をWで頂いた。
まず、神戸牛めし。甘めで煮ているため、上品な甘さだったけど、もうちょっと肉の旨味を引き出して欲しかった。

神戸牛めし

つづいて、じゃがりこと思って買ったら、じゃがしとお!だった。こちらも量は少なかったが、美味しかった。

神戸限定

今回、急な神戸行きとなったものの、+αが得られて、中身の濃いイベントだった。

 


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事