テレワークに最適Office365 で何ができるか?〜機能を眺める〜

Office365には複数のライセンスパターンがあります。
ここでは、「メール」機能のあるプランについて整理していきたい。あまり知られていない機能も多数あるが故に、月額単価が高くなっているのが実情。また、Skype for Business2021年7月31日に終了(Microsoft)となり、後継機能として、Teamsが担うことになっています。

プラン Exchange
Online Plan1
Essentials Premium E1 E3 E5
月額単価 VL ¥540〜 ¥1,360〜 ¥870 ¥2,170 ¥3,810
利用人数 制限なし 300人まで 制限なし
Office online ×
Office PCアプリ × ×
メール保存量 50GB 100GB
メールアーカイブ保存量 50GB 無制限
ATP ×
SharePoint ×
OneDrive × 1TB 無制限
Teams ×
Yammer ×
Flow ×
Forms ×
Planner ×
Sway × ×

Teamsは、メールに変わる次世代コミュニケーションズツールとして注目を浴びている製品。簡単にプロジェクトチームを作成でき、その中で、チャット、音声通話(音声会議)、ビデオ通話(Web会議、ビデオ会議)、ファイル共有(Wiki、ファイル共有、その他色々な機能を追加可能)です。競合製品としては、Slackですが、Teamsであれば、Office365内で行えるため、非常に都合が良いものとされます。

チャットにYammerがあるけれども、Teamsとの違いについて簡単に説明すると、Yammerは、twitter感覚。TeamsはメールとFacebookの間的な感覚。くだけた会話はYammerを利用し、プロジェクトごとに添った会話的な共有を行う場合にはTeams?線引きが難しいところです。

何故都合が良いのでしょうか?Office365で、メール等を管理していれば、管理者は、特にユーザ設定せず、同一管理画面で管理が行えるため、都合が良いのです。

お手頃感は、Office365 E1。Officeアプリが比較的高価なものの、PC購入時に抱き合わせて購入しているケースが多いと思われます。また、EssentialsからE3への展開もできた筈(未確認)なので、300人以下の企業の場合は、Essentialsでスタートするのも良いかもしれません。但し、300人以上の企業は、E1以上のプランを選択した方が、無難と考えられます。

当ブログでは、Office365に関した記事を多く掲載しております。良かったら参考ください。→こちら


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事