テレワークに最適Office365 で何ができるか?〜Teams無料版を試す〜


Teams無料版と有料版の違いがわからないため試してみた。
Outlook.com(元を辿るとLive.com。さらに元を辿るとhotmail)にアクセスし、左上の点々メニューからTeamsを探しに行ったところ残念ながら入っていなかった。

outlook.comメニュー

まだ無料版では、TeamsとOutlook.comは連携していないようだ。
Teamsに無料でサインアップをし、使用用途が聞かれた。

teams

友人や家族向けを選んで先に進んだところ、Skypeに誘導された。

teams

この画面を終わらせ、改めて選択を「仕事向け」を選び直した。Teamsを利用するための詳細事項を入力する画面に遷移した。

teams

お!Teamsが利用できるようになった。
Teamsを利用するには、「学校向け」「仕事向け」を選ぶ必要があるようだ。

Teamsへの利用ができるようになったものの、やはり、Outlook.comから直接行くことができず、Teamsに無料でサインアップから作業する必要があるようだ。となれば、Teamsアプリをインストールした方が迷子にならないのかもしれない。

 

Teams有料版では、Office365管理者が組織内のTeamsをきめ細かく管理できる。

Teams有料版

言うなれば最もだけれども、Teams無料版は、1個人に対してサービスを提供しているため、個々の管理ができない。一方、有料版は、Office365内で統制を行うため、個々の管理ができるわけだ。そのため、コンプライアンス対策として運用できるため、企業で業務として利用する場合には、有料版のOffice365でのTeamsを利用した方が良さそうだ。

無料版Teamsから有料版へのアップグレードは用意されている模様だが、書いている内容がわからない(機械翻訳)
無料版の Teams から通常版の Teams にアップグレードする(Microsoft)

検証含めて使用してみる場合には、Office365評価版を利用する方法がある。30日間の評価版だけれども、さらに1ヶ月の延長が可能(→ソース)。ただ、試用期間中のユーザー数は25個(→ソース)なので、人数的に足りない場合には製品化する必要が出てくる。

但し、今回の新型コロナウイルスによる影響で、「テレワーク・リモートワークの導入について (中堅中小企業様向け)(Microsoft)」として、Teamsに関し6ヶ月間無料提供がされている模様だ。急げ!

Teams 有料版と無料版の大きな違い

これは言うなれば、Teamsを組織として管理できる(有料版)か、できないか(無料版)、だろう。タブの追加としては、Plannerとかは利用できない(無料版)ものの、ファイル共有 / Word / Excel / PowerPoint / Wikiなどは付けられるようで、無料にしては十分すぎる機能ではないか。

ただ、無料のOffice online(Outlook.com)から、Teamsにダイレクトに行けない(2020年3月現在)のが不便かもしれない。

 


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事