テレワークに最適Office365 で何ができるか?〜Teamsのゲストを試す〜

Teamsでは、(出始めの頃はできなかった筈だったけれど)ゲストアクセスを使用すると、組織外の個々のユーザをMicrosoft Teamsのチームとチャネルに追加できる(→ソース)。ただ、無料版の場合は、そのような全体設定ができないため、制御することはできない。

ゲストアクセスは、社内外でプロジェクト活動している時に便利だ。チームに参加していれば、ビデオ通話(Web会議)も可能なため、テレワーク的なことは十分利用できる。

Teams有料版で管理者であれば、Teams運用における細かな設定ができる。
Teamsゲストアクセス

Teamsアクセスにおいて、ゲストアクセスの他に、外部アクセスというのもある。Teams ビデオ通話(Web会議)の前身は、Skype for Business(Sfb)であり、Sfbと無料のSkypeとの通信はできていたから、必要な機能と考えられる。ちなみに、Sfbの前身はLync。
Teams

有料版Teamsユーザから無料版Teamsユーザを招待した場合、どうなるか?有料版Teamsから共有したいチームを選び、メンバーを追加します。
Teams

お誘いされたユーザは、ゲストとして追加されたメールを受信します。
Teams

本文中にあるOpen Microsoft Teamsをクリックすると、アクセス許可の確認画面が表示されます。
ここで「承諾」をすることで、チームの一員となるわけだ。
Teams

ゲストとしてチームの一員となった。
Teams

チームに勧誘した有料版Teamsを利用している主催者側には、役割近くにある[ × ]をクリックすることで、簡単にゲストを簡単に削除することができる。
Teams

パンデミック状況な新型コロナウイルスという事情から、社外の取引先との面会もなかなかできない状況。社外の人をゲストとしてチームに参加できることを確認した。このチーム内で、色々な複合的なコンテンツを活用し、今以上のビジネスチャンスをモノにできるかもしれない。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事