サヨナラ? Internet Explorer (IE) 11


何気に使いやすいIE (Internet Explorer) 11のサポート終了についてリリースがあった。今後、企業用Webアプリは、IE11が使えなくなると、ホントに大変なことになりそうだ。

Microsoft 365 apps say farewell to Internet Explorer 11 and Windows 10 sunsets Microsoft Edge LegacyMicrosoft Tech Community)によると、Microsoft365 (M365)での利用において、2021年8月17日をもって利用終了となるアナウンスだ。

メールとかTeamsとかは、Microsoft 365アプリ製品。WordやExcelやPowerPointなどのサブスクリプション型Officeも、Office365 Pro Plusから、Microsoft 365 Apps for enterpriseという製品名称変更している。

日本だけ?に存在する買い切り(永続版)Officeは、Office 2019をリリースした2018年9月では、次期バージョンも永続版ライセンスは出すというような発表をしていた(→参考:MicrosoftがOffice 2019を発売、次期版のリリースも確約Computerworld、2018.09.26-)が、Office365がMicrosoft365に変わるなど、先のことは読めない。まして、2020年代、サブスクリプション元年と言える程に、あらゆるものがサブスクリプション(サブスク)になってきた。自動車業界も、サブスク販売をしてくるなど、目まぐるしい世の中となった。Officeは3年毎の更新で行われるケースが多いため、次回はOffice 2022となり、もう来年の話となっている。果たして、買い切り版が出るのかしら?という不安さえある。

まぁ、これらのアプリ(Microsoft365 Apps)利用にあたってIE11が使えなくなるだけであって、代替製品として、Google Chromeがあったり、Chromeと同じChromiumベースで開発されたMicrosoft Edgeもまずまずの出来の製品に仕上がっている。

旧Microsoft Edge 来年3月にサポート終了、Chromiumベースの新Edgeに移行をマイナビ、2020.08.18- によると、旧Microsoft Edgeは2021年3月にサポート終了、Windows 10 20H2アップデートから、Windows 10にChromiumベースの新しいEdgeを搭載して提供という記載がある。

 

話を戻そう。IE11は、2020年11月30日にMicrosoft Teamsアプリでのサポートを終了。2021年8月17日にOffice、OneDrive、Outlookといった他のMicrosoft 365アプリに拡大する。サポート終了後は、IE11を使用した場合、Microsoft 365アプリの新機能や一部の機能を利用できなかったり、接続できなくなるという。ただ、ポイントは次で、「IE11が無くなることではない」ということだ。これは、OSに紐づいたサポート期間に紐づけられる。

 

一目で分かる、Internet Explorer(IE)のサポート終了時期@IT、2019.09.18- にわかりやすい記事がある。

Client OS IE サポート終了日(日本時間)
Windows 8.1 IE11 2023年1月10日
Windows 10(LTSB/LTSC以外) IE11 2025年10月14日
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB IE11 2025年10月14日
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB IE11 2026年10月13日
Windows 10 Enterprise 2019 LTSC IE11 2029年1月9日

Windows 10 Enterprise 2019 LTSCという、Long-Time Servicing Channel向けに提供しているIE11のサポート期限が「2029年1月9日」なわけなのだ。
更に、Windows Server 2019にもIE11が搭載されているため、2029年1月9日まで利用できる(だろう)と考えられる。

Server OS IE サポート終了日(日本時間)
Windows Server 2012 IE10 2023年10月10日
Windows Server 2012 R2 IE11 2023年10月10日
Windows Server 2016 IE11 2027年1月12日
Windows Server 2019 IE11 2029年1月9日

 

企業において、レガシーシステムを使うのであれば、VDIのOSをWindows Server 2019 とかにすれば、IE11をほぼ永遠に使えるわけだが、そのようになってくるかもしれない。まぁ、先のことは読めない。IE11のサポートは当然、どのOSを利用しているのか?に紐づいてくるわけで、通常の業務PCに対して、わざわざ有償のLTSBやLTSCを適用しているなんて、考えにくい。Windows10については、2025年10月14日がIE11のサポート終了期限、社内Webアプリにおいては、この日までに新Edgeへの切り替えが必要になってくる。

ま、Chrome対応にすると良いことだらけだろうけれど、Chromeはどんどんアップデートしており、突然利用できなくなる機能があるなど、社内Webアプリでは致命的な問題を引き起こしかねない。新Edge対応を期待するしかない。

 

ただ、Microsoft 365 クラウドサービスを利用している企業も、コロナ禍の影響で、激増しているに違いない。そういった企業にとっては、IE11が利用できなくなる内容を周知し、IE11からChromiumベースの新Edgeへの切り替えをIT資産管理ツールとかでプログラムを配信させたりして、広めていく必要がありそうだ。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事