Microsoft Access からJDBCに接続するための準備

Microsoft AccessからJDBCに接続する場合、MicrosoftのコネクションであるODBCから、JDBCに根回しするためのバイパス(接点)を作ってあげれば利用可能となる。

管理ツールから、データソース(ODBC)に接続する。まれに、64bit OSに32bit版のOfficeが入っている場合、管理ツールから探せない場合がある。この場合は、C:WindowsSysWOW64odbcad32.exeから実行すればうまくいくケースがある。

JDBC

ユーザーDSNから追加を選び、MS Accessを選択することで接続が可能になる。
データベースのファイルを選択する場合は、データベースの「選択」からファイルを選びます。このODBCと接続する際、認証を設けたい場合には、詳細設定を押して、必要な情報を記入します。

JDBC

これで準備万端。あとは、Javaから、このAccessのODBCに接続できるようなJavaを書けばいいのです。

関連記事

  1. 2010年頃のPCが遅い。買い換えるか、どうするか。

  2. DNSを変更することで通信が快適に。

  3. Windows Media Player Network Sharin…

  4. ブラウザのキャッシュを削除する

  5. しまった、削除してしまった。そんなファイルの復元ソフト

  6. 意外と使えるnetstatコマンド

Translate:

各種検索





最近の記事

カテゴリー

アクセス数

  • 168現在の記事:
  • 566355総閲覧数:
  • 96今日の閲覧数:
  • 363昨日の閲覧数:
  • 2236先週の閲覧数:
  • 7975月別閲覧数:
  • 366670総訪問者数:
  • 88今日の訪問者数:
  • 304昨日の訪問者数:
  • 1982先週の訪問者数:
  • 6717月別訪問者数:
  • 271一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。