ストレージトポロジ(接続方法)について


 ストレージとの接続方法として、FC(FC-SAN)、iSCSI、SAS、DASがある。ITベンダーに、いったいどれがいいの?と質問したことがある。すると、昔から使われてきた技術で、銀行系等でよく利用されているのが、FCで、iSCSIは最近の技術。信頼性から考えると、FCしかないよ、と回答にならない内容で回答してくる。

ここでは、もうちょっと回答になる内容で整理していきたい。

■FC-SAN (Fibre Channell Storage Area Network)

一言でいうと「高額」。
LANで使うHUBのようなスイッチと、FCを利用するためのアダプタ(HBA:Host Bus Adapter)が必要なところが、痛手。
FCの魅力は、高速通信・高い拡張性というところだったが、iSCSIの登場で、高速通信との区別ができなくなった。
10GbEもiSCSIでも実現できてしまう昨今の技術。違う視線で考える必要もある。

HBAに対して、FCポートへのアクセス権限を付与し、アクセス権限が無い不正なポートに対しアクセスを防止させる機能がある。これによって、サーバーは許可されたPCのパスから、ストレージの許可されたLUN限定にアクセスできるようにすることができる。

■iSCSI (Internet SCSI)

TCPに乗せてLUNにアクセスする接続方法。一般的なLANケーブル上で利用でき、iSCSIアダプタ(受信側)が無償というところもあり、気軽に利用できる魅力もある。

■SAS (Serial Attached SCSI)

 

■DAS (Direct Attached Storage)

 

 

種類 最大転送速度 特長 用途
内蔵/外付インターフェース SCSI 320MB/s(Ultra320 SCSI) ストレージの代表的なインターフェース サーバが中心。信頼性が求められるシステムに適している。需要は次に説明するSASに移りつつある。
SAS 6Gbit/s 内蔵と外付けいずれにも対応し、高速転送が可能 サーバが中心。高速転送・高信頼性が求められるシステムに適している。
IDE, ATA 1,064Mbit/s(ATA) 対応ディスクが低価格 パソコンが中心。エントリーサーバや低価格なアーカイブ用ストレージにも利用されている。需要は次に説明するSATAに移っている。
SATA 6Gbit/s 内蔵用で、低価格ながら高速転送を実現 パソコンが中心。エントリーサーバや低価格なアーカイブ用ストレージに利用されている。
USB 480Mbit/sまたは 5Gbit/s プラグアンドプレイに対応、ホットプラグも可能 現在のPC周辺機器において、最も普及した汎用インターフェース規格。
InfiniBand 56Gbit/s(FDR)
40Gbit/s(QDR)
高バンド幅、 低レイテンシー、高信頼性の高速インターコネクト
ストレージシステムの接続にも利用可能
エンタープライズやHPC(High Performance Computing)分野で導入が進んでいる。
ネットワークに特化したインターフェース FC(Fibre Channel) 16Gbit/s ネットワークでの使用を前提に、光ファイバーによる高速転送を実現 大規模SAN。エンタープライズシステムやデータセンター向けに適している。
iSCSI 1Gbit/s または10Gbit/s IPネットワークを利用して低コストなSAN(IP-SAN)を実現 中・小規模SAN(ストレージの集約)。SCSIのケーブル延長用に適している。
FCoE 10G Ethernet FC-SAN環境とLAN環境を統合し、低コストでシンプルなネットワークを実現 データセンターなど大規模統合ネットワーク向け。
NAS 1Gbit/s または10Gbit/s PCデータのバックアップの集約にも適している、ファイルサーバに特化した専用装置 ファイルサーバ向け。PCデータのバックアップの集約にも適している。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事