2014年8月末の道くさ~行田観光~

2014年8月30日、古代蓮の里の展望塔から見られる田んぼアートを見に行田に足を運んだ。

行田・田んぼアート2014

行田・田んぼアート2014

古代蓮の里は、さきたま古墳から、車で数分行ったところだ。

東京から17号で向かっている場合は、「宮地」から右折し、ひたすら真っ直ぐに行けば、さきたま古墳に到着する。
焼肉屋のかるび屋が見えてきたら、次の信号で右折だ。ここを右折しても、行けなくはないが、信号が多いのでやや面倒。

かるび屋 17号

 

今日の工程は、古代蓮の里田舎っぺ(うどん)→さきたま古墳→行田温泉・茂美の湯(もみのゆ)→自宅、というコースだ。
行田に行った時には、田舎っぺうどんと決めている程、美味しい武蔵野うどんだ。

さきたま古墳田舎っぺについては、当ブログでも何度か記載しているので参考に。

田んぼアートだが、地上で見るとよく分からない。
何度かNHK等で映像を見たことがあったので、生で一度見たかったということもあり、これは非常によかった。行田のナスカってな感じだ。

埼玉新聞Webによると「「古代蓮の里」東側では、世界一の規模を誇る田んぼアートが見頃を迎え、来場者を楽しませている。」という記事が見つかった。これは知らなかった。

行田・地上から見た田んぼアート2014

行田・地上から見た田んぼアート2014

行田・田んぼアートの稲2014

行田・田んぼアートの稲2014

古代蓮の里(こだいはすのさと)の50mのタワーに登るには、大人400円の入館料がかかるが、JAFカードで団体入力の割引となり、80円の割引となる。非常に消費者に優しいサービスだ。

行田市Webによると、田植え作業の大変さを写真まじえて紹介されている。(2015年以降で苦労さが消えると困るので→Web魚拓

しらさぎが沢山いた。水がきれいなんだろうな。蓮は、時期が時期だったので、写真のような状態のケースが多かった。

行田・しらさぎ
蓮

 

お腹すいたので、田舎っぺうどん(AM11:00~PM3:00、だけれどもPM2時ぐらいに入ると、色々なものが売り切れている)に訪れた。
田舎っぺうどんは、過去ログにも書いているので省略。味は変わらない。コシがあって、長くて太い。うまい。3種類の汁があるが、やはり定番のきのこ汁が一番うまい。17号沿いの田舎っぺが一番美味しいらしいが、さきたま古墳の目の前の田舎っぺも、なかなかうまい。ご賞味あれ。大盛りは相当な量なので、覚悟した方がいい。

お腹いっぱいというところで、目の前のさきたま古墳に訪れた。まさにパワースポットだ。これも過去ログにまとめを作っていた筈なので、興味があれば、ご参考ください。

さきたま古墳2014 さきたま古墳2014

代々木公園でデング熱を引き起こす蚊がいたということもあり(日経Web魚拓)、雑草を切っていたのだろうか?それとも恒例の作業?
暑い中、ご苦労様です。

古代蓮の里、さきたま古墳ともに、入場料はかからない(無料)、ということもあり、非常にコストパフォーマンスがある。
ただし、さきたま古墳の方は、「古代のお墓」だしな。夜は行きたくない。

さきたま古墳から17号とは反対の方向、黄色い建物の温泉がある。敷地が広い。行田温泉・茂美の湯がある。
一部塩素投入されているが、壺風呂は源泉かけ流しだったりするなど、非常に贅沢した純重曹泉の温泉だ。
温泉についても、当ブログで特集しているので、こちらを参考いただければと。個人差があるので、何とも言えないけど。

 

おすすめの記事