黒部峡谷トロッコ電車(2014年9月の道くさ)

今回はtrapicsで宿泊格安ツアー(2014年9月25日~)があったので利用した。4万円で富山のトロッコにのったり、上高地に行ったり、白川郷に行ったり、黒部ダムまでいく2泊3日の道くさだ。
バスで目的まで運んでくれたり、大宮から長野までは、あさま新型E7系に乗車したり、いたせりつくせりの旅行だ。

あさまE7系

 

初日はあいにくの雨。土曜日はなんとか晴れるだろう、ということで、不安な天候のもとで格安ツアーが始まった。

バスの中で昼食。大宮駅で買った秋露のささやき弁当だ。弁当食べながら、バスの車窓を楽しみながら、2~3時間楽しむ。

秋露のささやき弁当

 

北陸自動車道 バスの車窓

長野あたりは台風後の温帯低気圧に変わって天候が良かったが、天気図を見る限り、黒部あたりは雨模様だった。

黒部峡谷トロッコ列車駅についた。土砂降りの雨だ。トロッコは2度目だから、雨でもしょうがないな、という気持ちだった。雨が映り込む写真が撮れている。

黒部峡谷トロッコ列車

雨という中、車両が長いという点から、座席はかなり贅沢に座れることができた。

黒部峡谷トロッコ列車

鐘釣駅で万年雪を近くで見ることになっている。しかし、大雨、行動が面倒、とかで、やや退屈だった。しょうがない、全体行動。大雨でも溶けない雪って…

また富山に戻り、バスで白馬に向かうのであった。ここから白馬って…
翌日の行動に響くから、長野に戻るということ、なんだろうなぁ。。。

 

おすすめの記事