袋田の滝(茨城県)

せっかくの季節=色づき始めた紅葉の時期、雨!=渋滞が無いだろう=観光客が少ないだろう=駐車場が開いている=人ごみ避けられる=そして土曜日!という絶好のチャンスということで、数年ぶりに袋田の滝を訪れた。(2014年11月1日)

外環から常磐に入って、那珂で降りる。高速から降りたらひたすら一般道で約60km。この一般道が長い。なお、午後5時ぐらいで真っ暗なので、どこ走っているか分からない。更に、今回は激しい雨になったら小ぶりになったりやんだりという、悪天候の中だったため、白線もわかりずらく、どこ走っているかわからないという、不安定な環境だった。

袋田の滝!

木々が色づき始めた袋田の滝。その沿いの店で、水槽鮎とのコラボレーション写真を撮った。

袋田の滝 袋田の滝 水槽鮎

袋田の滝の近くといえば近く、遠いといえば、若干遠い、袋田温泉 関所の湯があった。ちょうどHISの団体客と重なり、最悪~~~!と思いながら混雑の中で温もった。
関所の湯は、袋田の滝から向かった際、左折後に結構奥まで上る。17時頃は、あたりは真っ暗。車のライトだけでも、そばの溝が見えずに、やや怖かったorz

循環湯形式のようだが、入った後の2日目、3日目までもが、肌がすべすべだ。実にいいお湯だ。特に、露天の場合は、紅葉の木々を見ながらの温泉のため、非常に満喫できる。
なにこれ珍百景(No.644)で珍評価を得られたお賽銭をせがむロボットにも会えた。

この近くに道の駅だいごでは、うまい棒納豆味が売られていたりする。

道の駅だいご

実際には、道の駅だいご、に行った上で、関所の湯に行った