Office365(o365)で「ホワイトリスト」「ブラックリスト」設定例

今回はキーワード検索が上位に占めた、Office365のメール(Exchange online)において、ホワイトリストやブラックリストはどうしたらいいか?
について、実例にてお答えしましょう。
ただ1つ条件がありまして、Enterprise Editionである、ということ。
それ以外のエディションの場合は、Exchange管理センターの設定範囲に制限が出てきて、マイクロソフトに依頼しないと、設定ができないという問題も発生する。

 

Office365(o365)のEnterpriseエディションにおいては、ホワイトリストやブラックリストなど、詳細に任意で設定ができる。
そういった点で、他のプランとの差別化が図られている。

過去のブログで、「Office365スパム対策~ホワイトリスト対応~」というのを書いた。結構詳細に書いた。

現在私の環境においては、次のスクリーンショットが生の設定状況です。

Exchangeの管理

管理者機能から、Exchangeを選択。「メールフロー」メニューの「ルール」といった項目での設定内容だ。
一時期、outlook.comを利用したスパムがあり、ヘッダ内容に応じて振り分けをしたというのもあり、ホワイトリスト配下は、すべてスパム対策だ。

また、ドメインをころころと変えるスパムについては、殆どがメールサーバーのIPが同一だったりするため、IP範囲を調査し、IPごと止めてしまうということも、Office365では可能だ。

Exchange

Exchange管理センターから、「保護」を選択、「接続フィルタ」タブから、defaultをWクリック。小ウインドウが表示されるため、接続フィルターを選択すると、IP許可一覧、IP禁止一覧の設定が可能だ。IPを範囲(IPアドレス/bit)で設定もできるし、IPを単体で設定することもできる。IP範囲で設定した場合は、その中に正しいIPが入っていたとしてもスパム反応するため、注意が必要だ。

 

このようにして、Office365メール(Exchange online)において、ホワイトリスト対応、ブラックリスト対応、ということが可能だ。

是非、お試しください。