Microsoftは、今回発表した計画の中で、仮想環境での同社製ソフトウェアのライセンス条件を緩和したことを明らかにした。具体的には、Windows VistaのHome BasicおよびHome Premiumエディションを仮想環境で動かせるようにライセンスを変更するとともに、企業ユーザー向けのライセンス料金を改訂している。

今日、マイクロソフトさんの営業から、ちょうどこれに似た内容の回答がかえってきた。

VirtualPCにVistaを入れたとして、OfficeはVirtualPCの外、VirtualPCを入れているPCに入れているライセンスを、VirtualPCの中の各OS内にも適用していいかどうか。「これは問題なですよ」と意外な答えが返ってきた。

これも改訂されたのかな?ちょっとグレーだったもんで。


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事