竜神大吊橋(茨城県)

袋田の滝(茨城県)に行った時、近くに竜神大吊橋があることが分かり、後悔したため、2014年11月15日に行くことにした。

竜神大吊橋は、長さ375mもあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇るという。更に、事前予約制ではあるが、高さ100mという国内最高級のバンジージャンプがある。

道のりとしては、常磐自動車道からおりて、33号線をひたすら真っ直ぐ。注意点としては、袋田の滝から訪れる場合、車道幅が狭いため、一車線通行になっている箇所が所々あるため、到着が遅くなるので注意。

当日は非常に渋滞しており、坂道発進でも、所々で車がバックして発進する恐怖感を何度か感じた。坂道渋滞の場合は、車間を十分開けおいた方がいい。

途中、第4駐車場を解放してくれる箇所があった。あんまり手入れされていなかったため、まれに開けるところかもしれない。ただし、ここの場合は、約350m程、山道を歩くところがあるが、ここは非常に整備されているため、ちょっとした山歩きを楽しめる。

竜神大吊橋山道

ちょうど紅葉時期ということもあり、非常に楽しめた。

そうそう、入場料ではJAF割引がきくので、JAFカードを是非提示しよう。

竜神大吊橋

 

竜神大吊橋 竜神大吊橋

橋をわたっている際、耐久ガラスの上を歩けるところがあった。いやぁ~怖い!割れたらどうする!!

竜神大吊橋

橋の真ん中あたりの眺めも抜群。

竜神大吊橋からの眺め

紅葉は来週以降か?

竜神大吊橋からの眺め

橋の下に行くには片道で1時間半かかるようなので、今回は見送った。次回は下からみたいものだ。

この後、せっかくここまで来たんだから日帰り温泉を。前回行った、関所の湯でもよかったのだが、この時期では、『りんごの湯』を楽しめる、大子温泉保養センター 森林の温泉に行くことにした。

途中、道の駅だいご(道の駅 奥久慈だいご)を通過する。非常に美味しい野菜が安く販売されていたり、シャーベット的なりんごアイスを十分満喫できるので寄りたいところだ。

大子温泉保養センター 森林の温泉(もりのいでゆ)は、非常にアルカリ濃度が高く、非常に肌がつるつるとなった。乾燥肌者にとっては、この時期、非常にありがたい。
浴室も非常に広く、十分ゆっくりできる。17時に半額になるため、一気に人が入ってくるため、17時頃には出たいところだ。
ただ17時となれば、あたりは真っ暗。諦めて、食事をとって、ゆっくり帰るべしorz