Office365で誤送信対策としてメールを遅延させて送信したい

2017.04現在、簡単にメールの取り消しが可能になった。こちらを参考ください。

—–旧記事—-

メールを送信して、あっ!違う添付資料を送ったとちゃう?取り消すことができないかな?と思ったりしませんか? OWA(Outlook Web App)を利用している場合は、やはり未対応だったが、Outlookでは「ルール」でできるようだ。 日本マイクロソフトのサポートで回答が来たので、そのまま転載したい。 BPOSの頃は、メール送信ルールをOWA上でできた気がしたのだけれども、現Office365ブルーバージョンでは、送信ルール規制が無くなった。

Office365 ルール

 

============================================================
■ 1. メール送信の即時送信を制限する方法 ============================================================

送信ボタンを押した際に、送信トレイにメールが入りますので、その際に送受信タブにて、送信操作を行なう手順となります。

1. Outlook クライアントを起動します。

2. 左上の [ファイル] をクリックし、[オプション] を選択します。

3. Outlook オプション画面にて、[詳細設定] をクリックします。

4. [送受信] 項目の [接続したら直ちに送信する] のチェックを外します。

5. 右下の [OK] を押します。

6. メールを作成し、[送信] を押します。

7. 項番 1-6 にて作成したメールが [送信トレイ] に格納されているかを確認します。

8. Outlook 画面左上の [送受信] タブをクリックし、[すべてのフォルダーを送受信] もしくは [すべて送信] をクリックします。

============================================================
■ 2. 仕分けルールにて制限する方法 ============================================================

送信ボタンを押した際に、送信トレイにメールが入りますので、その際に指定された時間経過後に、送信を行う手順となります。

1. Outlook クライアントを起動します。

2. [ホーム] タブの [ルール] をクリックし、[仕分けルールと通知の管理] を選択します。

3. [電子メールの仕分けルール] タブにて [新しい仕分けルール] をクリックします。

4. 自動仕分けウィザード画面の [ステップ 1] にて、[新しい仕分けルールを作成する] – [送信メッセージにルールを適用する] の順に選択し、画面下部の [次へ] をクリックします。

5. すべての送信メールに対して制限を行う際は、チェックをいれず [次へ] をクリックし、[この仕分けルールはすべての (送信) に適用されます。] という警告が表示されますので [はい] を選択します。

※ 特定のメール送信に対してのみ制限を行う際には、条件選択画面にて条件を設定し、[次へ] をクリックします。

6. [ステップ 1] にて [指定した時間 分後に配信する] にチェックを入れ、[ステップ 2] にて [指定した時間] をクリックし、配信時間を指定後 [次へ] をクリックします。

7. 例外条件が必要な場合は、例外条件にチェックを入れ、例外条件が必要ない場合にはチェックを入れず、[次へ] をクリックします。

8. 仕分けルールに名前を設定される場合、[ステップ 1] にて任意の名前をご入力いただき、[完了] をクリックします。

============================================================
■ 3. 配信オプションにて制御する方法 ============================================================

各送信メールに対し、送信日時を指定して送信を行う手順となります。

1. Outlook クライアントを起動します。

2. メールを作成します。

3. [オプション] タブにて [配信タイミング] をクリックします。

※ 閲覧画面にてメールを作成した場合、[メッセージ] タブの [タグ] の右側にございます [メッセージオプション] をクリックします。

4. [プロパティ] 画面の [配信オプション] にて、[指定日時以降に配信] にチェックを入れ、日時を指定します。

5. 画面右下の [閉じる] をクリックし、メール作成画面にて [送信] を押下します。

また、弊社ビジネスプロダクティビティ製品チームよりご案内情報として、上記の内容を含むものとなりますが、下記の記事もご参考としていただければ幸いです。

Title : Office 365 に標準装備されている電子メールの誤送信防止機能 5 点
URL : http://blogs.technet.com/b/bpj/archive/2014/08/11/five-standard-features-of-office-365-to-protect-from-email-wrong-transmission.aspx

Title:Exchange メールを Outlook で遅延配信オプションを設定する方法
URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/196072