バックアップの種類

同期ブーム。
●OneDrive…ビジネス版個人版、共に同期ツールが無償で提供されている。「同期」のため、PC側でファイルを削除すれば、OneDrive側も削除される。一方、OneDrive側でファイルを削除すれば、PC側も削除される。

●box…box syncが用意されている。これもOneDriveと同じように、最新日時で作業した方の情報が更新されるわけで、片方削除すれば、もう片方が削除される。

つまり、「同期」とは、片方ともう片方が常に同じ状態であることを指す。そのため、PCが壊れて、リカバリしたPCで同期し直したら、どうなるのか?と確認したら、やはり『削除』されるようだ。

 

ファイルサーバのバックアップは、一般的に「増分バックアップ」が好まれる。「増分バックアップ」とは、前回のバックアップ以降に変更されたファイルだけをバックアップする方法だ。そのため、初回のバックアップだけが時間にかかるだけだ。一方で、リカバリ(復元)する際には、増分だけバックアップしているわけなので、戻し・戻しの繰り返しが必要なため、大変だ。定期的にフルバックアップした上で、増分バックアップを行った方が無難のようだ。

 

「フルバックアップ」とは、「完全バックアップ」とも言われるが、すべてが完全にバックアップされるため、時間がかかる。ただし、リカバリはそのまま戻せるので、短時間で行える。増分バックアップのように、更新されたファイルやフォルダだけバックアップするのと違い、時間は関係なくバックアップするため、バックアップ先のディスク容量や経過時間を気にする必要がある。

 

「差分バックアップ」とは、前回のフルバックアップを基準に差分だけをバックアップを行う。復元がフルバックアップに次いで簡単なのが特徴だ。最新のフルバックアップのデータに、最新の差分データをくっつければいいのだ。増分バックアップの場合は、フルバックアップ+増分+増分+増分・・・なので、フルバックアップを毎回するには時間不足、コストが高いと考えた場合は、差分バックアップもいいかもしれない。

 

「イメージバックアップ」は、ディスク毎(ボリューム毎)イメージ化して保存する方法。上記のバックアップとは違い、ここは保存しなくてもいいだろう、といった部分も容赦なく、丸ごとバックアップするため、バックアップ先のディスク容量次第となる。復元時も、ピンポイントで救出できたり、マウントさせたりすることもできるため、復旧はぴかいち。

 

Office365のOneDrive容量は、現在1TBだけれども、無制限に引き上げられる。とはいっても、同期だと、ローカルディスクは無制限ではない。boxの容量は、ビジネス版で1TBから無制限に引き上げられている。ディスク容量は、無制限にしたって、ほんの一握りのユーザーが、ばかでかく使って、多くはそんなに使わないという計算なのだろうか?