差出人をころころ変更する悪質スパム対策

GmailやYahoo mail、キャリアのメールを似せたアドレス等、スパムが徐々に悪質化している。
Office365では、次の方法で特定のIPアドレスからの送信メールを拒否することが可能だ。
なお、「トランスポートルール」を利用して、特定の IP アドレスから送信されるメールを拒否する手順となる。

■トランスポートルールを利用した指定した IP アドレスを拒否する手順
1. 管理者権限を持つユーザーにて Office 365 へログインし、Office 365 管理センター右上の [管理者] プルダウンより、[Exchange] をクリックします。
2. Exchange 管理センター (EAC) が開きますので、左側のメニューから [メールフロー] を選択し、上部の [ルール] をクリックします。
3. [+ (新規作成)] をクリックしていただき [新しいルールを作成する…] を選択します。
4. 新しく表示された [ルールの新規作成] ウィンドウ下部にて [その他のオプション] をクリックします。
5. [名前] を自由に入力し、[*このルールを適用する条件…] よりプルダウンメニューから [送信者…] をクリック後、一覧から [IP アドレスが次の範囲内にあるか、完全に一致する] を選択します。
6. 新しく表示されたウインドウにて受信を受け付けない IP アドレスを入力し [+] をクリックします。最下部にございます [OK] をクリックします。*この項目で複数の IP アドレスを登録することが可能です。
7. [*実行する処理…] よりプルダウンメニューから [メッセージをブロックする…] をクリック後、一覧から [だれにも通知せずにメッセージを削除する] を選択します。
*送信者へメールを拒否した理由を伝える場合は [メッセージをブロックする…] > [メッセージを拒否してその説明を含める] とクリック後、[拒否の理由を指定] にて拒否理由を入力します。
8. [保存] をクリックしトランスポートルールが作成されていること、[オン] のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。

この設定を行うことにより、接続フィルターと同様に特定の IP アドレスから送信されるメールを受信しない動作が行われます。

メッセージの追跡では、Office 365 内でのメールの配信状況を確認することができます。

■メッセージ追跡ご利用手順
1. 権限を付与したユーザーにて Office365 ポータルサイトを開きます。右上の [管理者] タブにて [Exchange] をクリックし Exchange 管理センターに移動します。
2. 左サイドバーメニューから [メールフロー] > [メッセージ追跡] に移動します。検索条件を以下のように設定いたします。
送信者:
受信者: または、該当のメールを受信している可能性のあるユーザーを指定します。
メッセージが送受信された期間: 過去 7 日間 (最大 7 日間)
配信状態:
メッセージ ID:
3. 右下の [検索] をクリックすると、追跡結果が下部に表示されます。
*検索結果は UTC (標準時) にて表示されますのでご注意ください。
4. メッセージの追跡結果に、該当のメールが表示されましたら、ダブルクリックにて対象のメールの配信状況を確認できます。

メール保護レポートはOffice 365 管理センター のレポート画面右側のリンクよりダウンロードいただけます。

1. Microsoft Office Excel 2013
2. Microsoft .NET Framework 4.5 以上
3. Microsoft Online サービス サインインアシスタント (Office 365 ご契約者のみ)

Title: [Download Center] > [Mail Protection Reports for Office 365 – 日本語] URL: http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30716