便利な管理者コマンド~ショートカット編~

コマンドプロンプトであらゆる画面を立ち上げられると、ちょっとかっこいい?作業にあたっては、UACをレジストリで制御無効にしていた方が楽かもしれない。

■[Windows]+[R] ファイル名を指定して実行ウインドウを開く。「cmd」を入力すれば、DOSコマンドプロンプトが表示される。

以下、コマンドプロンプト上から処理できる。

■regedit
レジストリウインドウを開く

■controll
コントロールパネルを開く

■sysdm.cpl
システムのプロパティ(コンピュータを右クリックしてプロパティ)ウインドウを開く

■compmgmt.msc
コンピュータの管理(コンピュータを右クリックして管理)ウインドウを開く

■ncpa.cpl
ネットワーク接続(IPアドレスやDNSの設定ができる)ウインドウを開く

■firewall.cpl
Windowsファイアウォールを開く。詳細な設定を行いたい場合は、wf.mscで行おう。

■wf.msc
セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール設定ウインドウを開く

■mstsc
リモートデスクトップ接続

■[Windows]+[+]  ※終了する場合は、[Windows]+[ESC] 拡大鏡を出す。画面を大きくしたければ、[Windows]+[+]、小さくしたければ、[Windows]+[-]

■eventvwr.msc
イベントビューアを開く

■devmgmt.msc
デバイスマネージャーを開く

■msconfig
システム構成を開くす

■taskschd.msc
タスクスケジューラー設定画面を開く

■taskmgr
タスクマネージャー(CPUやメモリのリソース状況)を表示

■inetcpl.cpl
IEのインターネットのプロパティを開く。HOMEの設定やProxyの設定画面を表示。

■intl.cpl
地域と言語のオプションウインドウを開く。UltimitやEnterpriseの場合、言語切り替えする場合は便利。

■desk.cpl
画面の解像度を変更するウインドウを開く

■control userpasswords2
ユーザアカウントを表示。自動ログインさせる時に利用したりする。

■fsmgmt.msc
共有フォルダのアクセス状況等を開く。compmgmt.mscから「共有フォルダ」も同じものが見れるので、
覚えておくなら、compmgmt.mscの方かな?

■gpedit.msc
ADサーバ上で、グループポリシーエディターを開く場合に利用。

■logoff
ログオフする

■shutdown -r -t 00
即(00秒)再起動する。

■shutdown -s -t 00
即(00秒)電源を切断する。