LANケーブルの品質チェック方法

LANケーブル品質チェック

インテル製をはじめ、一部のLANチップでは、独自のユーティリティソフトを利用して、LANケーブルの品質がチェックできるようだ。ケーブルの長さもわかったりするようだ。

ネットワークトラブルに出くわしたら、この方法も1つの手かもしれない。

(参考)ネットワーク・コネクティビティ(intel)
(参考)インテル ダウンロードセンター(intel)

デバイスマネージャー(devmgmt.msc)を立ち上げ、ネットワークアダプターから該当するネットワークコネクションを探す。
該当ネットワークコネクションのプロパティから「リンク速度」タブを開き、診断をクリック。信号の質をテストし、ケーブルのステータスを表示するだけでなく、ケーブルの接続および周波数の応答をテストにする方にもチェック(ように、すべてチェック)し、テストの実行をクリックすると、毛ぶるのテスト結果を表示するだけでなく、一番下では、ケーブルの品質も表示してくれるわけだ。

LANケーブル品質チェック

特定のPCだけ異常の場合は、ケーブルについても疑う方法もひとつの手と考えられる。

※コマンドによる一発起動は、こちらを参考に。