Office365のオプションの「転送」は隠せ~監査対象外の可能性~

office365転送

Office365前バージョン(オレンジ)では、アーカイブ対象外だった。
※現、ブルーバージョンでは確認中のため、備忘録として記述したい。

office365転送

ねじマーク(設定)からオプション、アカウントから、接続されているアカウントを選択すると、下段に「転送」というのがある。前身のオレンジバージョンにおいて、この転送について日本マイクロソフトのテクニカルサポートから、次のような回答を2013年に頂いている。

ForwardingSmtpAddress を用いて転送設定を行っている場合、Exchange コントロールパネル上では [転送したメッセージのコピーを Outlook Web App に保持する] を設定しているかによりアーカイブされるか異なります。[転送したメッセージのコピーを Outlook Web App に保持する] にチェックがある場合、転送元および転送先の双方がメールを受信するため、アーカイブが行われます。[転送したメッセージのコピーを Outlook Web App に保持する] にチェックがない場合、転送元にはメールが残らず転送先にメールがリダイレクトされるため、アーカイブが行われません。

怖いですね~。このチェックのオンオフでアーカイブに影響を及ぼすとは…。

ForwardingSmtpAddressに関してPowerShellコマンドがいくつか用意されている。

PowerShell で設定を行っている場合は、転送時にどのコマンドレットで設定を行ったかにより状況が異なります。 Exchange コントロールパネル上の [転送したメッセージのコピーを Outlook Web App に保持する] にて確認を行うことも可能ですが、アクセス権の問題などがある場合は以下のコマンドレットを参照し、設定の変更を行うことが可能となりますのでご参照お願いいたします。 ※ DeliverToMailboxAndForward の値により設定が異なります。

1. 転送元にメールを残す。
Set-Mailbox -Identity “対象ユーザーのメールアドレス” -DeliverToMailboxAndForward $True -ForwardingSmtpAddress “転送先の配布グループ”

2. 転送元にメールを残さない。
Set-Mailbox -Identity “対象ユーザーのメールアドレス” -DeliverToMailboxAndForward $False -ForwardingSmtpAddress “転送先の配布グループ”

<転送設定を確認する方法>
Get-Mailbox -Identity “対象ユーザーのメールアドレス” |Select ForwardingSMTPAddress

この転送確認では、ユーザが特定していなければ作業できない。これを少し弄くりなおせば、

Get-Mailbox | Select Identity, Displayname,ForwardingSmtpAddress で表示することが可能だ。