オンラインストレージの整理

SkyDriveがOneDriveになり、10万人に対しキャンペーンとして1年間100GB無償サービスを実施したが、30分間で達し、結局はキャンペーンに応募できなかった始末・・・

OneDriveの魅力は、Word, Excel, PowerPoint 各オンラインサービスと連動しており、特に文書作成ソフトを所有していなくても、さっと書いて勝手に保存される。あるいは、ローカルで作成した文書をアップして保存させる、あるいは、他の人と共有しあうオンラインストレージだ。

ドキュメントの既定の形式をMicrosoft Officeあるいは、OpenOffice.orgやLIbreOffice等のOpenDocument形式で対応ができる。ま、Microsoft Office形式を既定にしておく方が無難だ。
onedrive01

今回の投稿記事では、エディタ付のオンラインストレージだけでなく、一般的にオンラインストレージ、Dropboxとかが有名だが、そういったストレージを比較してみたい。なお、個人的偏見資料のため、ご容赦頂きたい。shared.comは100GB無料という太っ腹だが、ヘルプが充実しておらず、今後に期待したい。

box(旧称box.net)は日本語ヘルプが無く、利用者ブログ等での利用方法を調査する必要があるが、ログインすれば日本語化されているため、感覚で利用できるはずだ。WebDAVが利用できる点、魅力は高い。

 
Online Storage OneDrive Google Drive box shared Dropbox
無料容量 7GB 15GB 10GB 100GB 2GB
紹介等による
上限無料容量
+8GB 16GB
有料プラン 50GB
月499円
100GB
月799円
200GB
月1,199円
※年間払いOK
25GB
月$2.49
100GB
月$4.99
1TB
月$49.99
16TB
月$799.99
more
100GB
月$5
more
1TB
月$9.95
無制限
月$24.95
100GB
月$9.99
200GB
月$19.99
500GB
月$49.99
※年間支払いOK
ビジネス向け OneDrive
for Businessが
Office365にある
最低3人以上
1TB/月$15
無制限/月$35
最低5人以上
5人で1TBから
フォルダ共有 あり あり あり あり  あり
ファイル共有 あり あり あり
WebDAV 未対応だが
使えるらしい
対応
無料プラン制約 Windowsアカウント
(旧 Live ID)
で登録
personalは
月$10で100GB
90日以上利用が無い
場合は削除される
場合がある。
対応OS Windows
MacOS X
iOS
Windows Phone
Android
Xbox
more
Windows
MacOS X
Linux
iOS
Android
Windows
MacOS X
iOS
Android
 モバイルNG Windows
MacOS X
Linux
iOS
Android
BlackBerry
Kindle Fire
共同編集作業 あり あり あり あり
1ファイル
最大サイズ
2GB
ウェブ経由は
300MB
ウェブ経由のみ
300MB
250MB
有償で5GB
more
2GB
Proは5GB
more
ウェブ経由のみ
300MB
help more more  more
(英語)
 more more

ま、MicrosoftのOneDriveや、Google Driveは、Web上でのOffice文書編集や保存ができるため、これにかなう機能は無いものの、boxの場合は相当な数のViewer Applicationがそろっているため、閲覧だけは可能だ。とくに、PhotoShopとかもソフトが無くても表示は可能なので、メリットが高い。

自分のPCのハードディスクかのように扱えるWebDAVも魅力の1つだ。

次回は、それぞれの製品について、簡単に深く紹介していきたい。