Office365にログインすると、希にLiveメールの画面に移動しエラーが出る

マイクロソフトに何度もサービスリクエストをあげているのだが、改善されない。ログインアドレスを入力し、ログインすると、Liveメールにつながり、ログイン失敗した、という画面だ。再度、Office365のアドレスを入力すれば、ログインされてメールの画面に飛ぶのだが、毎回発生するわけでもないが、希に飛ぶので気持ちが悪い。マイクロソフトの回答では、DNSキャッシュをクリアしてください、とのこと。クリア方法は、DOSコマンド上で、「ipconfig /flushdns」と打つだけ。BPOSの頃から発生している奇妙な現象だ。実際に、マイクロソフト社の営業さんに、自社の環境から試してもらい、実際に発生を確認してもらってはいる。

画面遷移してしまった場合、ipconfig /flushdnsで解決したケースが高いため、参考にして欲しい。
ipconfig コマンドを使ってクライアント リゾルバ キャッシュをフラッシュおよびリセットする(Microsoft)

◆Office365のログインアドレスについては、こちらを参考して欲しい。
ポータル画面:https://portal.microsoftonline.com/ もしくは、https://login.microsoftonline.com/
OWA画面:http://mail.office365.com/

ちなみに、https://mail.office365.com/ に接続すると、Liveメール画面に遷移する。通常のHTTPの場合は、OWAで、SSLの場合はLiveメール画面に遷移は紛らわしい。
ちなみに、マイクロソフトでも事象を確認しているようだ。但し、『仕様』とごまかされてしまえばしょうがない。

Web ブラウザーで Office 365、Windows Azure、Windows Intune などの組織アカウントからサインアウトする際に発生する問題(Microsoft)
Office 365 メールにアクセスすると “サインインできません” というエラーが表示される(Microsoft)

第一、http://mail.office365.com/ で接続すると、https://login.microsoftonline.com/login.srf~に転送される。一方、https://mail.office365.com/ で接続すれば、https://login.live.com/login.srf~に転送されるわけだがら、違うサイトに誘導されていくわけだ。「s」の有り無しで違うサイトに誘導されるのは、大変迷惑な話だ。

Office365にログインされる方は、遷移したURLアドレスを確認し、変わっている場合は、手打ちで戻して入力してみるとかにして、注意して欲しい。

関連記事

  1. Office365 Lightバージョン(簡易表示)を利用する

  2. PowerShellを利用してOffice365のユーザーの使用ディス…

  3. Office365 最新情報(2016年5月度)

  4. Office365メールが利用できなかった!日本時間丸一日

  5. Office 2016 for Mac by Office365

  6. メールが届かない。

Translate:

各種検索





最近の記事

カテゴリー

アクセス数

  • 688現在の記事:
  • 567174総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 287昨日の閲覧数:
  • 2028先週の閲覧数:
  • 8794月別閲覧数:
  • 367406総訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:
  • 262昨日の訪問者数:
  • 1811先週の訪問者数:
  • 7453月別訪問者数:
  • 257一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2014/02/22カウント開始日:
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。