F-Secureインターネットセキュリティ2014に変わった!

世界最強ウイルス駆除製品、エフセキュア製のF-Secure インターネットセキュリティ2014にアップデートしたので、この記事を書くことにしよう。

ちなみに、急いでスクリーンショットを撮ったのがver.2013の画面だ。2013の方はアイコンが素敵。
fsec01

Computer Securityをクリックすると、この画面が表示される。これはこれで見やすかったんだけど。
fsec02

2013のステータスはこうだ。一目で有効になっているかどうか、設定や確認ができる。このシンプルさもよかったねぇ。
fsec03

設定内容はこんな感じ。
fsec05

Home Editionの場合は、ファイアウォールの設定はWindows標準機能を呼び込む形。法人向けだと、詳細な設定ができる。このファイアウォールが法人向けとコンシューマ向けが違うところかな。こちらの記事参考。
fsec06

統計情報はこんな感じ。
fsec07

 

さてさて、2014になってどうなったか!!早速見てみよう。

アップデートは突然起こります。「アップグレード」をクリックしてみた。
fsecure01

アップグレード中。結構これが長い。カウントぐらいして欲しい。
fsecure02

バーが動き出せば、インストール完了まで速い。
fsecure03

アップグレードが完了したようだ。
fsecure04

新機能のようだ。F-Secureエンジンをスキャン付検索ができるようになった。
fsecure06

ツールバーに検索エンジンを追加することもできる。
fsecure07

こんな感じに検索バーを出せる。
fsecure14

お!完了した。
fsecure08

ちょっとださい。
fsecure09

Computer Securityをクリックするとこうなる。
なんか、トレンドマイクロ ウイルスバスターちっくの画面だ。こういう画面はやっているなぁ。
fsecure10

ツールをクリックしたら、こういう画面になった。ファイアウォールは従来どおりのWindows標準機能が起動した。
fsecure11

統計情報。リスクは赤でよかったのになぁ。
fsecure12

各ID毎セキュリティ設定ができるのも、エフセキュアの特徴だ。
fsecure13

こんな感じにアップグレードされた。以上、報告でした。