Windows10~Office Previewを試す

VM上にWindows10(WindowsⅩ)を入れ、最近公開されたプレビュー版Office(Word, Excel, PowerPoint)を試してみた。

—-関連記事———-
Windows10
———————–

OfficeはApp Storeから取得することになる。Administratorで作業しているせいか、次のように怒られたorz
win10-020501

別の管理者権限でユーザを作成して、再度App Storeにアクセスしたら、すんなりアクセスできた。Windows10を利用する場合は、PCを管理するためのAdministratorではない別のユーザを作成する必要があるようだ。WordもPowerPointも、同様にプログラムをダウンロードすることができる。
win10-020502

プレビュー版というのに、Windowsアカウント(Live ID)を別途取得する必要があった。office onlineで既にWindowsアカウントを利用している場合は、新規に取得せざるを得ない。このあたり、もうちょっと都合よくして欲しいものだ。プレビュー版というのに。
Windowsアカウント取得方法は、当ブログでも取り上げているので参考に。
win10-020503

無事に取得できたので、インストール開始された。Excel以外に、PowerPoint、Wordもインストールした。
win10-020504

プログラムの実行を行ってみる。ん~慣れないこのメニュー。Windows8/8.1にあったチャーム機能が無くなった分、検索バーが、画面一体化になったため、それで検索してみる。
win10-020505

キーワードをこのように入れると、候補が上がってくる。これは便利だ。
win10-020506

それぞれ、Word、Excel、PowerPointを開いたら、どのような画面になったかをプレビューしよう。

Wordの場合
win10-020507

Excelの場合
win10-020508

PowerPointの場合
win10-020509

PowerPointの場合のみ、Office365勧誘のバーが出た。現行のOffice Appsのように、Office365 IDを取得していれば、機能制限版から解放されるんだろう。

ボタンがかなりフラットになった。もうちょっと窪みがあった方が気持ちがいいのにな。

次回は、それぞれのOfficeの機能にせまっていきたい。