2月のマイクロソフト月例パッチに不具合。またトラブル!!

先日ご案内しました、Microsoftの2015年2月度の月例パッチにおいて、4件ものの不具合があったことが確認できた。

Microsoftの月例パッチに不具合、4件の報告相次ぐ(ITmedia)
マイクロソフト2月公開の月例パッチに4件の不具合報告(impress)

①セキュリティ関連ではInternet Explorer向け更新プログラム(MS15-009)に伴ってインストールされる「3023607」
└「3023607」はSSL 3.0プロトコルの脆弱性(通称POODLE)修正のための更新プログラムだが、インストールすると「Cisco AnyConnect」が接続できなくなることがある。Windows 7またはWindows 8の互換モードでAnyConnectを実行するとこの問題は解決されるという。なお、Windows 8.1またはWindows Server 2012 R2では、エラー表示が出るという。

②Windowsカーネルモードドライバ向け更新プログラムの(MS15-010)に含まれる「3013455」
└Windows Vista SP2とWindows Server 2003 SP2のフォントの質が低下する問題が発生。解決策は「パッチの削除」を挙げている。

③PowerPointの安定性向上などを目的とした更新プログラム「2920732」
└Windows RT上でPowerpoint 2013が起動できなくなる不具合が確認され、現在Microsoftは配信を中止して調査中。

④Visual Studio 2010 Tools for Office Runtime向けの更新プログラム「3001652」
└パッチのインストールが完了できず、システムが反応しなく現象が発生したため、Microsoftがいったん配信を中止した後に再リリースした。

CiscoとのSSL-VPN接続でエラーは致命的だろうなぁ。

引き続き、進捗情報が入り次第、ご案内します。