Office365 スパム対策の整理

Office365におけるスパム(迷惑メール)制御には、Exchange Online Protection (EOP) で行う。
以前は、Forefront Online Protection for Exchange (FOPE)で行っていた。FOPEの場合は、別システムで、管理コンソールが一本化されていなかったが、EOPで管理コンソールが一本化されたのも有難い画面だ。

スパム対策として、
・IPアドレスの許可/拒否 → [接続フィルター] ・ドメイン許可/拒否 → [トランスポートルール] ・特定のメールアドレスの許可/拒否 → [トランスポートルール] にて制御を行う。

■接続フィルター確認手順 (特定の IP アドレスの許可、および拒否)
1. 権限を付与したユーザーにて Office365 ポータルサイトを開きます。右上の [管理者] タブにて[Exchange] をクリックし Exchange 管理センターに移動します。
2. Exchange 管理センター (EAC) が開きますので、左側のメニューから [メールフロー] を選択し、上部の [ルール] をクリックします。
3. 表示されているリスト内にある [Default] をダブルクリックします。
4. 左側、Default の下の項目 [接続フィルター] をクリックします。
5. [許可する IP アドレス] および [ブロックする IP アドレス] にて登録情報の確認できます。

<PowerShellで確認する場合>
Get-HostedConnectionFilterPolicy default | FL > HostedConnectionFilterPolicy.txt

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj200757(v=exchg.150).aspx

Office365 接続フィルター

■トランスポートルール確認手順
1. 管理者権限を持つユーザーにて Office 365 へログインし、Office 365 管理センター右上の [管理者]プルダウンより、[Exchange] をクリックします。
2. Exchange 管理センター (EAC) が開きますので、左側のメニューから [メールフロー] を選択し、上部の [ルール] をクリックします。
3. [オン | ルール] と並んでいる下部リスト内にて登録情報の確認ができます。

<PowerShellで確認する場合>
Get-TransportRule | FL > TransportRule.txt

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa998585(v=exchg.150).aspx

私の設定では今のところ4つのルールがある。
Office365 メールフロー

ルールはきめ細かく設定が可能だ。ただ、それなりの設定も必要になるのだが。
さすがに、ここまでの深さの設定は、Google Appsではできないのではないだろうか?できたりして?

Office365メールフロールール