※試合終了まで、このブログで更新します。

投資額:1,000円  累積投資額:1,800円
当選額:-   収支額:▲800円  通算成績:1敗

<前節の反省>
清水vs名古屋戦で清水が逆転勝利をおさめた。開幕戦ホーム、というのがちょっと固さがあったのだろうか。名古屋がホームグラウンドの時は清水を圧勝していた予想が外れてしまった。横浜Fマリノスvs大宮。相変わらず横浜FMは強い。去年の順位通りの勝敗となった。過去の試合から大宮優勢とは思ったが、裏面に出てしまった。磐田vs札幌、J2に降格した磐田だったが、どうした!磐田。重症だ。

<今回>
広島vs川崎、非常に難しい。J1復帰のG大阪、前節の浦和相手に堂々とした闘いっぷりは、今後の勝ち星に期待できる。浦和vs鳥栖、ホームでは負けないレッズ、負けないでしょう。負ける気がしない。もうちょっとデータを調査した上で、直前まで睨めっこだ。今回はmini-toto B組みも攻めてみた。

2014年 試合結果 結果 予想
ホーム アウェー 判定 (1) 0 (2)
3/8 広島 2-1 川崎 1  ●  1 0
3/8 新潟 0-2 G大阪 2  ●  1 2
3/8 徳島 0-2 C大阪 2  ● 2
3/8 大宮 1-2 名古屋 2  ● 2
3/8 清水 0-1 横浜M 1  ●  1 2
3/8 F東京 1-1 甲府 0  ×  1
3/8 神戸 1-1 0  × 2
3/8 浦和 0-1 鳥栖 2  ×  1
3/8 鹿島 2-0 仙台  1  ●  1
3/9 栃木 1-1 横浜C  0  × 2
3/9 長崎 0-3 湘南  2  ● 2
3/9 讃岐 1-4 磐田  2  ● 2
3/9 愛媛 0-2 水戸  2  ×  1

mini-toto B組み

2014年 試合結果 結果 予想
ホーム アウェー 判定 (1) 0 (2)
3/8 神戸 1-1  0  ×  1 2
3/8 浦和 0-1 鳥栖  2  ×  1
3/8 鹿島 2-0 仙台  1  ●  1
3/9 栃木 1-1 横浜C  0  × 2
3/9 長崎 0-3 湘南  2  ● 2

ん・・・、レッズは鳥栖には弱いなぁ・・・。鳥栖は豊田を中心に試合を組み立てているため、トップ争いはしそうだ。栃木は案外手ごわいかも。鹿島は相変わらず強い。ガンバ大阪の強さは本物だ。セレッソは今年は強いな。

3月11日のACLで、C大阪-山東魯能、セントラルコースト-広島、3月18日のACLで、C大阪-ブリラム、19日に広島-FCソウル戦が続く。次節では両者、徐々に疲労が溜まりそうだ。だた、どちらも勢いに乗っているから関係ないか?

磐田は圧勝だったね。ようやく正気に戻った?

なかなかtoto勝てねぇ・・・orz


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事